01/23
2022
Sun
旧暦:12月21日 友引 丙 
スポーツ
2014年12月15日(月)9:00

久松がアベック優勝/全宮古駅伝

男子は大会新で独走


大会新記録で優勝した久松男子のメンバー=14日、市陸上競技場

大会新記録で優勝した久松男子のメンバー=14日、市陸上競技場

 駅伝の第64回全宮古大会と女子第7回立津工芸社杯は14日、宮古島市陸上競技場を発着点とする男子11区間39㌔、女子7区間13㌔で争われ、男子は久松が大会新記録の2時間11分51秒で優勝、女子も久松が52分59秒の記録で初優勝した。

 女子の部には各チーム小学生2人、中学生2人、高校・一般の部3人が出場した。正午に出発し、前福、自然の家、

女子の部を制した久松のメンバー=14日、市陸上競技場

女子の部を制した久松のメンバー=14日、市陸上競技場

高野漁港前から北海岸線へと続くコースで健脚を競い合った。

 久松は、1区7位、2区では11位まで順位を下げたが、3区の下里初佳が5位まで浮上、続く4区の伊佐ももこも快走し、この区間でトップに躍り出た。

 その後6区で一度トップを譲ったが、最終7区の友利泉美が逆転し、初優勝のゴールに飛び込んだ。

 一方の男子は午後1時30分号砲。小学生2人、中学生2人、高校生1人、一般6人が出場。競技場から北海岸線に出て、オーシャンリンクス宮古島付近を折り返すコースで争った。

 久松は1区で11位と出遅れたがその後はぐんぐん上昇。前評判通りの走力で他学区を次々ととらえた。

 7区の伊佐孝明でトップに立つとそのまま独走。6区間で区間賞を取る強さで3年ぶりの優勝を決めた。

 区間結果は次の通り。

 【男子】1区(1・5㌔)=①池間幹(福嶺)5分9秒②砂川新起(西城)5分17秒③狩俣洋介(砂川)5分21秒▽2区(1・5㌔)=①平安光希(福嶺)5分25秒②砂川達海(平一)5分32秒③粕谷玲士(西城)5分39秒▽3区(3㌔)=①垣花海斗(西城)10分18秒②友利怜央(東)、大島卓也(久松)10分26秒▽4区(3㌔)=①上原龍之介(西辺)10分42秒②本村雄飛(多良間)10分50秒③宮里勇飛(東)10分55秒▽5区(5㌔)=①児玉明紀(久松)16分41秒=区間新②高田貴全(西城)17分25秒③久貝貴之(平一)17分47秒▽6区(3㌔)=①下里和也(西城)10分45秒②松川慎吾(久松)10分53秒③西田正二郎(北)10分55秒▽7区(5㌔)=①伊佐孝明(久松)16分17秒=区間新②下里勝和(西城)18分11秒③赤嶺秀人(西辺)18分11秒▽8区(8㌔)=①與那嶺恭兵(久松)25分7秒=区間新②仲間樹(城辺)26分44秒③岩田健(平一)26分58秒▽9区(3㌔)=①下地雅也(久松)10分16秒②砂川弘樹(平一)10分34秒③前泊拓巳(西辺)10分43秒▽10区(3㌔)=①下地亮太(久松)9分0秒②多良間朝典(砂川)9分20秒③久貝勇輝(東)9分28秒▽区(3㌔)=①下地遼(久松)10分12秒=区間新②中島彰吾(平一)10分59秒③池村聡(下地)11分13秒

 【女子】1区(1㌔)=①松川涼香(西城)3分28秒②友利優伽(城辺)3分28秒③平良莉子(狩俣)3分30秒▽2区(1㌔)=①池間暖(福嶺)3分51秒②狩俣蓮(狩俣)3分54秒③下地麻菜夏(西城)3分56秒▽3区(2㌔)=①仲地楓華(福嶺)7分33秒②黒澤秀香(南)、下里初佳(久松)7分45秒▽4区(2㌔)=①上里星奈(砂川)7分39秒=区間新②伊佐ももこ(久松)8分7秒③友利倫子(下地)9分31秒▽5区(3㌔)=①下地ゆいか(福嶺)11分22秒②ニューベリー・マヤ(砂川)、国仲舞(狩俣)11分24秒▽6区(2㌔)=①徳田莉子(砂川)7分18秒②平良瑠温(東)7分38秒③砂川柚紀子(久松)7分47秒▽7区(2㌔)=①上里理歩(西辺)8分4秒②山村あゆみ(平一)8分51秒③角田貴世(多良間)9分3秒


カテゴリー新着

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!