11/28
2022
Mon
旧暦:11月5日 先負 乙 
環境・エコ
2014年12月18日(木)9:00

マツが赤褐色に変化/野田山林の一部

市、原因究明を急ぐ


赤褐色に染まっているリュウキュウマツ=17日、平良の野田山林

赤褐色に染まっているリュウキュウマツ=17日、平良の野田山林

 宮古島市の市有地で野田山林に生えているリュウキュウマツ林の一部が赤褐色に変化し目立ち始めている。成木約20本が被害に遭っており、今の状況がそのまま推移すると、立ち枯れの可能性が高い。まだ原因が分かっていないことから防除方法はない。市農林水産部みどり推進課の根間正三郎課長らは17日、現場の状況を改めて確認した。

 被害木は、宮古南静園と島尻集落へアクセスする三差路手前の公道左方の斜面に並ぶように自生している。赤褐色は目視できる。

 同課によると、マツは天然松で樹高8~10㍍、樹齢40年余。11月に被害を確認した。17日現在、被害拡大ははっきりしていない。

 松くい虫被害の原因となるのが病原体「マツノザイセンチュウ」。宮古島では2006年3月、マツから「マツノザイセンチュウ」が検出されなかったことから、松食い虫被害は終息したと発表された経緯がある。

 その後のマツ枯れ現象では、生理障害などによるものと推定された。被害木は伐採され焼却されていた。今回赤褐色に染まっているマツの樹勢回復は難しいようだ。

 同課では「11月から関係機関と連携して対応策と原因究明を急いでいる」と説明している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!