12/06
2022
Tue
旧暦:11月13日 大安 癸 
教育・文化
2015年1月8日(木)9:00

多良間の文化学んで/岩手県宮古市から訪問団

多良間村との姉妹市、岩手県宮古市から訪問団が訪れた=7日、多良間空港

多良間村との姉妹市、岩手県宮古市から訪問団が訪れた=7日、多良間空港

 【多良間】多良間村との姉妹市、岩手県宮古市から訪問団10人が7日、同村に到着した。空港では受け入れ家族が横断幕で出迎え。伊良皆光夫村長は「長旅お疲れさま。宮古市では体験できない事に挑戦したり、多良間の文化をたくさん学んでほしい」と歓迎した。同日は、多良間中(池田満校長)で「交流団との絆を深める会」と題したレクリエーションも行われた。

 一行は、サトウキビ刈りシュノーケリングなどを体験するほか、製糖工場の見学も予定されている。

 交流団の畠山愛奈さん(6年)は「飛行機から見た海がとてもきれい。海が好きなので、シュノーケリングが一番の楽しみ」と笑顔だった。

 宮古市教育委員会の妻田篤教育課長は「歴史ある多良間島に来れて感激。感謝と成長を合言葉に、島の人たちと交流を深めていきたい」と話した。

 この交流学習は児童、生徒の代表が、多良間村と宮古市を相互に訪問し、それぞれの地域の自然や文化を学習するとともに、地域の人たちとの交流を深めながら健全育成に資することを目的に毎年実施されている。

 多良間村と宮古市が姉妹市村になったのは、1859年に江戸から宮古へ向け出航した「善宝丸」(乗組員7人)が嵐に遭い、76日間漂流し多良間村髙穴海岸へ漂着。乗組員らは約2カ月間にわたり、島の人たちから看護を受け、宮古市へ無事に帰ったのが交流の始まり。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!