08/07
2022
Sun
旧暦:7月10日 仏滅 壬 立秋
産業・経済
2015年1月30日(金)9:00

スカイマーク3月末撤退/宮古空港発着

来月から1往復減便/入域観光客数にも影響


スカイマークのチェックインカウンター前には民事再生手続開始申し立てに関するお知らせが掲示されている=29日、宮古空港

スカイマークのチェックインカウンター前には民事再生手続開始申し立てに関するお知らせが掲示されている=29日、宮古空港

 民事再生法の適用を申請した国内3位の航空会社スカイマーク(SKY)の有森正和社長は29日、東京都内の本社で記者会見し、3月29日に宮古空港と石垣空港から撤退し、両空港と那覇を結ぶ路線を休止すると発表した。また、現在3往復6便運航している那覇-宮古便は2月から1往復(2便)減らし、2往復4便とする方針も示した。この発表を受け、伊良部大橋開通で入域観光客増にも期待が膨らんでいた宮古の関係者には衝撃が走った。

 観光業界の関係者や市民からは「伊良部大橋開通で盛り上がっていたのに」「盛り上がりに水を差されてしまった」「運賃値上げが怖い」などの声が聞かれている。

 会見で有森社長は「乗客、取引先、株主に多大な迷惑を掛け、心よりおわびする」と陳謝した上で「運航に支障は一切ない。資金手当てのめどは付いている」と強調。航空機のリース契約や燃料調達も継続できるとの見方を示した。

 同社は、2月1日以降は宮古を含む全国複数の路線で減便する方針で、那覇-石垣便も3往復を2往復に減便する。

 そのほか、コストが高い中型機のエアバス「A330」は運航を中止し、小型機のボーイング「737」に一本化する考えを示した。

 スカイマークの井手隆司会長は「雇用と会社を守ると約束する」と明言、人員削減を行わずに再建を進める考えを示した。

 有森社長は「事業再生には法的再生手続きが不可欠」と指摘。「スポンサーの支援の下、全社一丸で再生に取り組む」と説明した。

 さらに、交渉を続けている全日本空輸と日本航空とのコードシェア(共同運航)について、「前向きにお願いしたい」と要望したが、「第三極という形を取りたい」とも述べ、大手傘下入りには慎重な姿勢を示した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!