07/16
2024
Tue
旧暦:6月11日 仏滅 辛 
産業・経済
2015年2月24日(火)9:00

宮古島をのんびり楽しく/ゆくるプロジェクトが始動

「島の春」満喫プラン提供



市の担当課職員らが観光客に「ゆくるプロジェクト」のチラシやマップを手渡して取り組みをアピールした=23日、宮古空港

市の担当課職員らが観光客に「ゆくるプロジェクト」のチラシやマップを手渡して取り組みをアピールした=23日、宮古空港

 一足早い「島の春」の楽しみ方を提案する宮古島市の観光プロモーション事業「ゆくるプロジェクト」が23日にスタートした。来月22日まで。初日は宮古空港で午前中の便で訪れる観光客らに宮古島観光協会や宮古島市の担当職員、JTB沖縄のメンバーがプロジェクト内容を説明するチラシや「プロジェクトMAP」を配布し、今の宮古島における楽しく、くつろいだ過ごし方を紹介した。



 東京から家族3人で来島した40代の男性は「宮古島にゆっくりしにきたのでこの内容の過ごし方についても検討したい」と話した。


 「ゆくる」とは、「ゆっくりと、暮らすように旅する」をイメージしたコンセプトワードで、同プロジェクトでは一足早く春が訪れている宮古島で「日常的なゆったり感」などを観光客に伝える六つの体験メニューを用意している。


 体験メニューとしては、伊良部佐和田の敷地で約1㌔の「サトウキビ迷路」や牧山展望台と与那覇前浜を「ピクニックエリア」に設定し、各種用具の無料貸し出しなどを実施する。


 また、島の伝統文化を体験する宮古人(みゃーくぴとぅ)体験や宮古グルメと題して「ゆくる宮古島」の緑ののぼりが設置されている飲食店では、期間中限定の裏メニューやピクニック用にテークアウトできるランチも用意されている。


 そのほか、島のものづくりやゆっくりサイクリングなどの企画もある。


 宮古空港でのチラシやマップの配布では、市のマスコット「みーや」と宮古民謡と三線の演奏が観光客を出迎え、プロジェクトをPRした。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!