12/10
2022
Sat
旧暦:11月17日 先負 丁 
社会・全般
2015年3月18日(水)9:00

さらなる活躍に期待/副知事就任激励会に800人

安慶田氏「全力で知事支える」


県内政財界の関係者ら約800人が出席した安慶田氏副知事就任激励会=16日、那覇市内のホテル

県内政財界の関係者ら約800人が出席した安慶田氏副知事就任激励会=16日、那覇市内のホテル

 【那覇支社】前那覇市議会議長で宮古島市城辺出身の安慶田光男氏(66)の副知事就任激励会(主催・同実行委員会)が16日、那覇市内のホテルで盛大に催され、県内の政財界や後援会の関係者ら約800人が出席して安慶田氏のさらなる活躍に期待を寄せた。

 会場には翁長雄志知事、城間幹子那覇市長、下地敏彦宮古島市長らをはじめ、奥平一夫氏ら県議会議員や宮古島市議会の有志議員らも激励に訪れた。

 来賓の翁長知事はあいさつで「副知事になってもらい大変心強い。昔から『コンピューター付きブルドーザー』と呼んでおり、沖縄でも1、2位を争う政治家。今後もウチナーンチュの意地を見せながら日本の国も考えて、県益も国益も決して矛盾しないという強い信念を持ち、2人で力を合わせて頑張っていきたい」と話した。

 郷里の下地市長は「宮古でも出身者の副知事誕生に心から喜んでいる。いま翁長知事はあれだけ政府にやられて大変だなと実感する。ここで一番大切なのは誰が知事を支えるかだが、那覇市長時代から知事を支えてきた安慶田氏が最適任者。沖縄の振興発展のため翁長県政運営のために、しっかり支えて頑張ってほしい」とあいさつした。

 激励を受けた安慶田氏は「これ以上の幸せな人生はない。副知事を拝命できたのも翁長氏のおかげであり、名もない一青年を政治家としてここまで育て支えてもらった方々にも心から感謝したい。沖縄県の発展のためにも(名護市)辺野古に新基地を造らせてはならない。翁長県政のために私が捨て石や敷石になってでも、持てる力を一生懸命に発揮したい」と決意を述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!