12/06
2022
Tue
旧暦:11月13日 大安 癸 
環境・エコ 産業・経済
2015年3月26日(木)9:00

宮古独自のEVが完成

スポーツカータイプ  披露セレモニー


宮古島オリジナルEV(電気自動車)完成披露セレモニーで試乗する下地市長=25日、市役所平良庁舎

宮古島オリジナルEV(電気自動車)完成披露セレモニーで試乗する下地市長=25日、市役所平良庁舎

 宮古島オリジナルEV(電気自動車)完成披露セレモニーが25日、市役所平良庁舎で行われた。関係者が出席し、宮古島で造られた初のEVの完成を祝った。試乗した下地敏彦市長は「エコアイランドを宣言し、環境に優しい施策をどう発信していくかということが形として現れた」と喜んだ。EVは車高が低いスポーツカータイプ。1人乗りで最高時速30㌔。8時間充電で100㌔走れる。

 同事業は、スマートエネルギーアイランド基盤構築事業の一環。「小型電気自動車事業化モデル実証事業」として2012年から3年間実施し完成にこぎ着けた。

 セレモニーであいさつした下地市長は「EVはナンバープレートもあり、公道も走れる。県内外に広めていけば、環境に優しい日本や地球に貢献できる」と話した。

 市議会の真栄城徳彦議長は「循環型社会の構築のみならず、宮古島の物作りを担う人材育成や産業と観光振興に資する取り組み」と評価した。

 小型EV車製作協議会の富山忠彦会長は「物作りの力を結集したメードイン宮古島の電気自動車」と胸を張り、下地市長、真栄城議長とともに除幕のひもを引っ張った。

 EVの製作に携わった宮古工作倶楽部の高橋功さんは「試作車はモーターパワーが低く、坂道が弱点だったが完成車両はこれを克服した」と語った。廃棄ゴルフカートを引き取り、その部品を最大限に利用するなど徹底したリサイクルにも取り組んだ。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!