12/10
2022
Sat
旧暦:11月17日 先負 丁 
産業・経済
2015年4月5日(日)9:00

糖度15・32度と好調/宮糖伊良部

平均16度、高品質取引続く


高品質取引が続く宮古製糖伊良部工場=4日、伊良部島

高品質取引が続く宮古製糖伊良部工場=4日、伊良部島

 宮古製糖伊良部工場に搬入されているサトウキビの品質が高い。10日で操業4カ月を迎えるが、ここまでの累計平均糖度は15・32度と高水準だ。日計平均では16度を超えるなど高品質取引が続いている。同工場の搬入は13日終了を予定。

 4日付の搬入概況によると、日計平均糖度は16・16度で基準糖度帯(13・1~14・3度)を大きく上回る取引が行われた。ここ数日間は16度台の取引が続いており、4月の月計平均糖度も16・13度と高い水準を維持している。

 累計の糖度区分別構成比は基準以上のサトウキビが全体の83・80%を占める高品質。基準糖度帯は14・16%、基準以下は僅か2・04%しかない状況だ。

 農務部によると、雨が少ない気象条件が品質を押し上げたものとみられる。

 宮糖伊良部工場は昨年12月11日に操業を開始。これまでに5万6900㌧のサトウキビを搬入した。最高糖度は19度、最低は9・30度となっている。

 生産農家に支払われるキビ代金は、国の交付金を含めて1㌧当たり2万3498円の高値が付いた。

 宮古地区の4製糖工場のうち、沖糖宮古、宮糖城辺はすでに今期操業を終えている。残りは宮糖伊良部と宮糖多良間。4工場の合計搬入量は前期並みの32万㌧台になるとみられる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!