12/01
2022
Thu
旧暦:11月8日 赤口 戊 
スポーツ 社会・全般
2015年4月19日(日)9:00

花冠に思い込め/トライアスロン大会

保育士30人が手作り/きょう「強人」の頭上へ


出場選手の完走を願いながら笑顔で花冠を作る保育士の皆さん=18日、市総合体育館

出場選手の完走を願いながら笑顔で花冠を作る保育士の皆さん=18日、市総合体育館

 きょう19日に開催される第31回全日本トライアスロン宮古島大会に向け、毎年恒例となっている上位100人に贈られる花冠の手作り作業が18日午後、市総合体育館で行われた。市内の法人保育園で働く保育士約30人がボランティアで参加し、シダにスターチスの花を編み込む花冠約100個を丁寧に作り上げた。今年は伊良部大橋と伊良部島が初めてコースになり、過酷さを増したレースに出場する全選手の完走と検討を願って花冠を完成させた。

 この日完成した花冠は、昨年よりも2㌔延びて3種目202・195㌔を完走した選手のうち、上位100人に贈られる。

 過酷なレースを走り抜いた選手たちの頭上に輝くこの花冠は、「強人」の称号となる。

 過去には完走者全員分の花冠を作っていたが、近年はシダの不足で100個に限定されている。

 第31回大会用の花冠づくりには、市内10カ所の保育園から約30人が参加した。何度も参加している人は作業を手際よく進め、初めての参加者にも丁寧に作り方を教えていた。参加者たちはシダをきっちりと編み込みながらピンク、黄色、紫のスターチスの花も一緒に編み込み、それぞれが思いを込めた世界に一つだけの花冠を作り上げていた。

 みつば保育園の糸数彩さんは2回目の参加。「久しぶりの参加なので時間はかかるがゆっくり丁寧に作っている。大会本番は少し天気が悪そうだけど、みんなが最後まで頑張ってゴールすることを願って花冠を作りたい」と笑顔で話した。

 参加者たちは、宮古島大会に挑む強人たちがゴールする姿を思い描きながら、笑顔で作業を進めていた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!