12/01
2022
Thu
旧暦:11月8日 赤口 戊 
スポーツ
2015年4月21日(火)9:00

クイチャーで笑顔の交流/トライふれあいパーティー

レースの疲れ癒やす


ふれあいパーティーでクイチャーを踊る参加者たち=20日、市総合体育館

ふれあいパーティーでクイチャーを踊る参加者たち=20日、市総合体育館

 第31回全日本トライアスロン宮古島大会の「ふれあいパーティー」が20日、市総合体育館で行われた。過酷なレースを終えた選手たちは、どの顔も晴れ晴れ。「応援に力をもらった」「沿道から名前を呼んでもらって感激」。レースの疲れを癒やすとともに、互いの健闘をたたえ合った。全員でクイチャーを踊り交流も深めた。

 ふれあいパーティーは表彰式に引き続き行われ、選手やその家族、仲間、大会関係者らが参加した。

 選手たちは泡盛やビールなどで乾杯し、料理を囲んで和気あいあいとした雰囲気の中、舞台で繰り広げられる余興を楽しんだ。

 沖縄本島から参加した塩谷綾希さん(28)は初出場で、25~29歳の年代別2位に輝いた。「ずっと出たかった大会。好きなスイムができなくて残念だったが、応援に感激した。沿道の人から名前を呼んでもらえた」と笑顔を見せた。

 悪天候で「伊良部大橋をバイクで渡った時、強風で怖かった」と話したが「海を全面に出すコース設定は素晴らしい」と話した。

 トライ歴は10年で「トライは究極の生涯スポーツ。来年も参加し、今度は年代別1位を狙いたい」と早くも闘志を燃やしていた。

 藤井幹雄さん(54)=和歌山県=は23回目の出場。ベテランの域に達しているが「バイクで強風の伊良部大橋を渡るのはきつかった。スピードより安全面を重視した」と語った。

 宮古島大会の常連で、コースは知り尽くしているが、伊良部大橋ではレースに専念するしか無かったようだ。「大橋からの景色を楽しむのは別の機会にしたい」と笑顔だった。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!