12/10
2022
Sat
旧暦:11月17日 先負 丁 
スポーツ
2015年4月23日(木)9:00

宮古勢がアベックV/卓球県予選

男子・卓将会、女子・南星TC/個人は兼島、宮国制し2冠


男子団体を制した卓将会の(左から)牧志、兼島、本村凌、本村葵=22日、宮古島南星クラブ卓球場

男子団体を制した卓将会の(左から)牧志、兼島、本村凌、本村葵=22日、宮古島南星クラブ卓球場

 第33回全国ホープス卓球大会兼2015年度全日本卓球選手権大会県予選が19日、県立武道館で開かれ、団体男子は宮古島の卓将会が優勝。同女子は宮古島南星TC(A)が連覇を果たしアベックVを達成。個人でも男子ホープス(6年生以下)は卓将会の兼島幸祐(平一小6年)、女子ホープスでは宮古島南星TCの宮国悠乃(同5年)が制し、団体、個人の2冠を獲得した。

 団体戦は卓将会、宮古島南星TC(A)

女子団体で連覇を果たした宮古島南星TC(A)の(左から)池間、砂川風子、宮国=22日、宮古島南星クラブ卓球場

女子団体で連覇を果たした宮古島南星TC(A)の(左から)池間、砂川風子、宮国=22日、宮古島南星クラブ卓球場

ともに準決勝まで3-0で勝ち上がり1戦も落とすことなく決勝へ。決勝ではいずれも与那原TTスポーツ少年団(A)と対戦し3-1で優勝を決めた。

 個人戦は、男子ホープスでは卓将会の兼島、牧志侑武、本村葵で優勝、2位、3位を独占。女子ホープスでは宮国が優勝、同カブ(4年生以下)では池間夢良が優勝、同バンビ(2年生以下)は宮國由莉乃が2位と宮古島南星TCの選手が入賞。団体男女優勝チームと個人上位2位以上は全国大会に派遣される。

 卓将会の本村智監督は「団体では最初から優勝を目指し、相手を見ながら傾向と対策を考えた結果、狙い通りの試合運びができた。全国大会では予選を突破し、決勝リーグ進出を目指したい」と語った。団体、個人優勝の兼島は「県大会優勝の自信はあった。全国大会では緊張することなく、バックハンドを振り切れるよう頑張りたい」と抱負を述べた。

 宮古島南星TCの池間祐治監督は「団体戦連覇は素直にうれしい。県全体のレベルが上がっていて苦しめられたが、子供たちが頑張ってくれた。一人一人の強くなりたいという思いが成長につながっていると思う。全国大会では予選突破を目指したい」。2冠の宮国は「大会の日に熱が出てしまい試合はきつかったが、ラリーを続けて最後に決めることを心掛けて臨んだ結果、その通りにできた。昨年は全国で1回も勝てなかったので、まずは1勝を目指したい」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!