12/03
2021
Fri
旧暦:10月29日 友引 乙 
政治・行政
2015年5月5日(火)9:00

やりくりに四苦八苦/宮古島市

親の仕送りあてに/15年度予算を家計に置き換え


 宮古島市は2015年度当初予算(一般会計)を年間に必要な生活費500万円の家計に置き換えて算出した。それによると、自ら稼いだ給料は66万円、臨時(パート)収入は19万円で、足りない分は親(国や県)からの仕送りに頼っている。自立にはほど遠く、ローンを組んだり、預貯金を取り崩したりして暮らしのやりくりに四苦八苦しているのが実情だ。



 市は毎年、市民に予算を身近に感じて関心を持ってもらおうと、家計簿に置き換えて分かりやすくして市の広報誌で紹介している。


 市の15年度の一般会計当初予算は、歳入歳出総額343億3000万円で、前年度当初予算に比べ24億1800万円(6・6%)減少した。


 この予算を家計簿にした場合、収入(歳入)で最も多いのが親からの仕送り(地方交付税、各種交付金など)で全体の41・2%、次に親から特別にもらう仕送り(国、県支出金)33・4%となり、全収入500万円の373万円(74・6%)を占めている。


 ローンの借り入れ(公共事業などの資金として長期に借り入れる市債)は38万円(7・6%)。


 一方、支出(歳出)を見ると、人件費に当たる「食費」が90万円、委託料や使用料、物品調達などの物件費に当たる「光熱水費、通信費」は69万円となっている。


 食費や光熱水費などは年々切りつめて少なくしているが、自宅(公共施設など)の増改築や修繕費が112万円(全体の22・5%)と多額で家計を圧迫している。


 施設の統廃合や老朽化が進んでいる施設は積極的に解体するなど、公共施設の維持管理費をいかに少なくしていくかが喫緊の課題となっている。


 市町村合併による地方交付税(親からの仕送り)の特例措置は15年度で終了し、16年度から5年間で段階的に縮小される。その縮減額は約31億円と試算され、今後極めて厳しい財政運営(家計のやりくり)が予測されている。


カテゴリー新着

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!