11/28
2022
Mon
旧暦:11月5日 先負 乙 
産業・経済
2015年5月24日(日)9:00

メバチマグロ500㌔水揚げ/カツオ漁船「喜翁丸」

伊良部島沖 パヤオ周辺で一本釣り


水揚げされる大物メバチマグロ=21日、佐良浜漁港

水揚げされる大物メバチマグロ=21日、佐良浜漁港

 伊良部漁協所属の一本釣りカツオ漁船「喜翁丸」(9・9㌧、漢那竜也船長、乗組員9人)が21日、国内では刺し身用として最も多く消費されているメバチマグロ約500㌔を水揚げした。沖縄本島の大型スーパーへ出荷された。

 メバチマグロは目が大きいのが名前の由来とされる。熱帯から温帯にかけての海に分布する大型マグロ。最大で体長約2㍍、重さ150㌔を超える。

 喜翁丸は、伊良部島沖に設置されている中層パヤオ(中層浮き魚礁)周辺で操業した。

 この日取れたメバチマグロの1匹当たりの重さは約10㌔。最大で17㌔あった。乗組員らは、一本の釣り竿をペアで握り、一気に食いつくメバチマグロを釣り上げた。

 漢那船長は「久しぶりの大物メバチマグロだ。夏場の本格的な操業に向け、大漁を予感させる」と笑顔で語った。

 同漁協の漢那一浩組合長は「メバチマグロの人気は高まっている。全漁船が大漁するよう願っている」と話し、今後の水揚げに期待を寄せた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!