12/10
2022
Sat
旧暦:11月17日 先負 丁 
産業・経済
2015年5月27日(水)9:00

滞貨解消向け一丸/青果物流通対策推進協

マンゴーの流通で意見交換


マンゴーの滞貨問題解消に向けて意見を交わした協議会=26日、県宮古合同庁舎

マンゴーの滞貨問題解消に向けて意見を交わした協議会=26日、県宮古合同庁舎

 2015年度第1回宮古地区青果物流通対策推進協議会が26日、県宮古合同庁舎で開かれた。県、宮古島市、JAをはじめ航空、港運、運送各社など関係団体の代表らが参加し、滞貨が課題となっているマンゴーの輸送について協議。船舶輸送の併用を含めて意見を交わし、課題の解決に向けて一丸となって取り組んでいくことを確認した。

 マンゴーの輸送体制をめぐっては22日の産地協議会でも話し合われ、出荷ピーク時に限り顧客(個人)向けは船舶、市場や量販店行きは航空機で輸送する方向性が確認されている。

 市農林水産部農政課の福里匡課長は「すみ分けをして解決したい。6月9日の説明会で農家に理解を求めていきたい」と話した。

 滞貨問題が解消されない限り、新規就農者らへ生産支援などの振興策が打てないことも強調し、「出荷時期の1カ月間すべての話ではなく、ピーク時に限定した取り組み。ピーク時の滞貨をなくすことが大きな目的になる」と述べた。

 この方向性に特に反論の意見はなく、互いに協力して課題の解決に当たるという認識を共有した。

 このほか、交通機関がストップする台風時の対策でも意見を交わした。荷受け済みマンゴーの保管体制の確保など、あらゆる事態を想定して課題の一つ一つを浮き彫りにした。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!