07/12
2024
Fri
旧暦:6月7日 赤口 丁 
社会・全般
2015年5月31日(日)9:00

市民に還元できる活動へ/15年度総会開く

市文化協、今年は創立10周年


今年度の活動計画や予算などを原案通り承認した市文化協会定期総会=29日、市内レストラン

今年度の活動計画や予算などを原案通り承認した市文化協会定期総会=29日、市内レストラン

 宮古島市文化協会(大城裕子会長)の2015年度定期総会が29日、市内レストランで開かれた。「方言大会」や市民総合文化祭などを盛り込んだ15年度の活動計画や約680万円の予算などを原案通り承認した。予算額は前年度に比べ倍増した。大城会長は、今年は同協会創立10周年であることを強調。式典・祝賀会の開催や記念誌の発刊、さらには合併10年に当たることから、市民文化祭をこれまでの3日間から5日間にし内容を充実させる考えを示した上で「これからも市民に還元できる文化活動にまい進していきたい」とあいさつした。

 総会で承認されたのは▽14年度活動計画▽14年度決算報告及び会計監査報告▽15年度年間活動計画▽15年度予算▽会則改正▽役員の承認-の計6議案。

 このうち、15年度の活動計画では第22回鳴りとぅゆんみゃ~く方言大会(7月12日、マティダ市民劇場)、第10回市民総合文化祭(10月14~18日、市中央公民館)、市文化協会10周年記念式典・祝賀会(11月3日、ホテルアトールエメラルド宮古島)などを予定している。

 同協会は昨年度新規に、太鼓芸術集団「鼓童」の交流公演、「魅力再発見!宮古の織物交流会」、「温故知新~島の自然と文化を味わう」と題した「みゃーく・ワークショップ」を開催。大城会長は「この3事業を通して文化協会の役割とは何かを探ることができた。それを今年度の活動に生かしたい」と決意を示した。

 役員は次の通り。

 【顧問】伊志嶺亮▽佐渡山正吉▽立津精一▽友利吉博▽下地敏彦【会長】大城裕子【副会長】砂川春美▽下地徹▽洲鎌律子【理事】下地悟▽下地和宏▽根間義雄▽野原勝也▽川満好信▽翁長靖夫▽下地昭五郎▽前里芳人▽親泊宗秀▽仲間明典【監査役】前川尚誼▽奈良俊一郎【事務局長】佐渡山政子【事務局次長】松谷初美


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!