12/07
2022
Wed
旧暦:11月14日 赤口 甲 大雪
産業・経済
2015年6月10日(水)9:00

ピーク時は船便利用を/産地協議会

マンゴー滞貨を解消へ/生産農家対象に説明会


船便輸送について説明を聞く参加農家たち=9日、県宮古合同庁舎

船便輸送について説明を聞く参加農家たち=9日、県宮古合同庁舎

 宮古島市マンゴー産地協議会は9日、県宮古合同庁舎で生産農家を対象とした輸送説明会を開催。沖縄ヤマト運輸の赤嶺真一社長と琉球海運の山城博美社長が出席し、出荷マンゴーが積み残される滞貨問題の解消策として出荷ピーク時には個人向けマンゴーをクール便で船舶輸送する方法を提案し、協力を呼び掛けた。参加者からは理解を示す意見とともに、あくまで航空輸送を求める声も上がった。

 説明会では赤嶺社長が、昨年の実績を基に、今年度の総出荷量を800㌧、出荷ピークを7月9日から同20日までの12日間と想定し、ピーク期間の出荷量を368㌧と算出。1日12便の航空輸送で搭載できる上限が20㌧で12日間では240㌧となることから、航空輸送できない128㌧を集荷から配達完了まで一貫保冷して船便で輸送する方法を提案した。

 輸送日数については、空港輸送が荷受日の翌日に配達できるのに対し、船便は2日後と1日遅くなるものの、保冷輸送をすることで品質は保つことができると説明する赤嶺社長。「皆さんが協力してくれればこの問題は解決できる。今年で解決させよう」と呼び掛けた。

 山城社長は、今年の想定ピーク期間12日間のうち7便の運航を予定していることを説明。これまでも長年、保冷コンテナを使ってデリケートな食品などを輸送してきた実績を紹介し「心配はあると思うが航空輸送と遜色(そんしょく)はない。発想を転換して船便を利用し、宮古島のマンゴーを全国に届けてほしい」と語った。

 参加農家からは、船便輸送を検討する前に、流通不利性解消事業などを活用して航空機の大型機器材化を目指すべきなどと、あくまで航空輸送を求める意見や、「このシステムで問題が解決するのであれば実施すべき」と提案に理解を示す意見の両方が挙がった。

 市農政課の福里匡課長は、「ヤマト運輸や琉球海運だけでなく、このシステムを導入してくれる会社であればどこを利用しても良い。普段、利用している会社と相談してほしい」と提案している2社に限定したシステムではないことを説明した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!