12/09
2022
Fri
旧暦:11月16日 友引 丙 
教育・文化
2015年7月21日(火)9:04

榊原七段(東京)がA組優勝/市長杯サマー囲碁まつり

B組下地、C組上地


52人の参加でにぎわった囲碁大会=19日、こすみ囲碁教室

52人の参加でにぎわった囲碁大会=19日、こすみ囲碁教室

 宮古島市長杯2015サマー囲碁まつり(同実行委員会主催、日本棋院平良支部、宮古毎日新聞社共催)が19日、市内のこすみ囲碁教室で行われた。A組では東京都の榊原穂波七段格が優勝した。B組(五段クラス)は下地勉五段。C組(四段以下)は上地孝彦四段が優勝し、五段に昇段した。

 同まつりは毎年大勢の囲碁愛好者が参加している人気の大会。今年は52人(A組16人、B組20人、C組16人)の参加でにぎわった。

 開会式で黒島正夫大会実行委員会長は「囲碁は素晴らしい趣味。夏の1日を囲碁で楽しく過ごしてください」とあいさつした。池村浩明日本棋院平良支部長は、女流本因坊戦の挑戦権獲得まであと1勝と迫った知念かおりさん(宮古島市出身女流棋士)の勝利を祈念。下地敏彦市長も大会途中に会場を訪れ、参加者を激励した。

 対局は手合割で行い、盤上で熱い戦いが繰り広げられた。

 A組では榊原さんと平良博彦さんが白星を重ね、決勝は3戦全勝2人の戦いとなった。黒番平良さんは白大石を取り勝ったかに見えた。しかし、その代償に囲った白地も大きくヨセ勝負の結果、白番榊原さんが2目半残した。

 榊原さんは毎年宮古島を訪れて囲碁交流を続けている。今回の来島は43回目。「大好きな宮古島の大会で勝てたのはうれしい。宮古島の皆さんと練習碁を打って強くなれた」と笑顔いっぱいに語った。東京都からの参加者は昨年優勝した中村欽也さん(八段格)ら3人。

 B組は下地勉さん、渡真利清さん、垣花貞夫さんの3人が3戦全勝で並んだ。抽選で2位に垣花さんが決定。優勝を下地さんと渡真利さんが争った。黒番下地さんは中盤に石を取って形勢をリードし、逃げ切った。下地さんは昨年大会のC組でも優勝し五段に昇段。今年もB組で優勝するという快挙を成し遂げた。「こすみ囲碁教室でみんなに鍛えてもらったおかげ。もっと強くなれるよう頑張りたい」と棋力向上に意欲を見せた。

 C組は上地さんと下地忠男さんが対戦した。上地さんは左辺で、相手の大石を取りほぼ勝敗を決めた。初めて参加し初優勝。「新聞やテレビを見て勉強している。優勝はうれしい。もっと上を目指したい」と喜びを語った。

 結果は次の通り。

 【A組】優勝=榊原穂波七段格(4勝)▽準優勝=平良博彦七段格(3勝1敗)▽3位=中村欽也八段格(同)▽敢闘賞=仲間勝之六段(2勝2敗)

 【B組】優勝=下地勉五段(4勝)▽準優勝=垣花貞夫五段(3勝)▽3位=渡真利清五段(3勝1敗)▽敢闘賞=伊波満五段(同)

 【C組】優勝=上地孝彦四段(4勝)▽準優勝=下地忠男四段(3勝1敗)▽3位=上地健三二段(3勝1敗)▽敢闘賞=下地恵治初段(同)、塩川博司四段(同)


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!