11/28
2022
Mon
旧暦:11月5日 先負 乙 
環境・エコ
2015年7月23日(木)9:05

10年間で2万3448本植樹/宮古グリーンネット

総会で実績報告 さらなる緑化推進に決意


10年間の植樹実績などが報告された通常総会=22日、宮古森林組合

10年間の植樹実績などが報告された通常総会=22日、宮古森林組合

 美ぎ島宮古グリーンネット(会長・下地敏彦市長)の第10回通常総会が22日、宮古森林組合で開かれた。総会では2005年から14年までの10年間の実績として、延べ4286人で2万3448本の木を7万8813平方㍍に植樹した実績が報告された。また、提案された14年度収支決算書など、4議案はすべて全会一致で可決された。

 あいさつで下地市長は「緑と暮らそうとの思いで、このグリーンネットを立ち上げて、今回で10回目の総会となった。今の感想は10年間よくやってこれたというのが実感。会員の積極的な参加のおかげで2万3000本余の木を植樹できた。これからも皆さんと力を合わせて島に緑を増やす活動を展開していきたい」と述べ、さらなる緑化活動の推進に意欲を示した。

 10年間で植樹した樹種は、テリハボクが最も多く6779本。次いでヤブツバキ2973本、フクギ2309本と続き、全体では32種の樹木が宮古各地に植樹された。

 そのほか総会では、14年度の事業実績などが報告され、982本の植樹と育林による346本の補植があったことが説明された。

 15年度の行動計画では、10月から来年2月までの間に、毎月1回計5回育林活動を行うとしている。

 14年度決算では33万3907円を次期に繰り越し、15年度予算は160万2107円となっている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!