07/07
2022
Thu
旧暦:6月9日 友引 辛 小暑
産業・経済
2015年7月24日(金)9:07

新組合長に渡真利氏/宮古島漁協

新役員体制がスタート


新役員に選ばれた渡真利一夫さん(前列左から2人目)と関係者ら=23日、宮古島漁協

新役員に選ばれた渡真利一夫さん(前列左から2人目)と関係者ら=23日、宮古島漁協

 宮古島漁業協同組合は23日、任期満了に伴う役員選任の臨時総会を開いた。推薦会議から推薦された候補の理事7人、監事3人が選任の承認によって正式に決定した。総会終了後、組合長選出の理事会が開かれ、新代表理事組合長に准組合員の渡真利一夫さん(61)=上野字宮国=が互選された。渡真利組合長は、元宮古島市職員で水産行政に詳しい。「これから財務などを勉強し、組合発展のために粉骨砕身頑張る」と決意を新たにした。役員の任期は3年。

 役員選任は、候補10人(理事7人、監事3人)を「○」「×」形式で投票した。投票総数64票のうち、有効投票数63票、無効投票数1票。選任賛成「○」が62票、選任反対「×」が1票の結果となり、10人の選任が決まった。

 同漁協の定期総会は6月に開かれ、2014年度の自営事業クルマエビで高収益を上げたことから826万円の黒字を計上し、累積赤字は2375万円に圧縮した。

 新年度事業計画の経営重要方針では、財務改善計画に基づく事業実施や不良債権の回収、モズク・ソデイカ・マグロ・アオサ(和名ヒトエグサ)などの島外販路拡大を盛り込んでいる。

 新役員は次の皆さん。(敬称略)

 【理事】代表理事組合長=渡真利一夫(上野字宮国、准組合員)▽理事=狩俣光男(平良字狩俣、正組合員)、楚南聡(同西原、同)、松原森久(同松原、同)、久高勇光(同西仲宗根、同)、砂川博一(城辺字砂川、同)、洲鎌吉夫(下地字洲鎌、同)

 【監事】代表監事=平良敏夫(平良字下里、准組合員)▽監事=栗山弘嗣(同久貝、正組合員)、植松信弘(城辺字新城、同)


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!