12/06
2022
Tue
旧暦:11月13日 大安 癸 
社会・全般
2015年8月1日(土)9:08

沖電宮古発電所で油漏れ

地下に浸透、量不明/水源への混入確認されず


重油漏れが確認された側溝。穴の下に黒く見えるのが漏れた重油=31日、沖縄電力宮古発電所・平良西仲宗根

重油漏れが確認された側溝。穴の下に黒く見えるのが漏れた重油=31日、沖縄電力宮古発電所・平良西仲宗根

 沖縄電力宮古発電所(平良西仲宗根)構内で7月27日、重油漏れが確認された。重油は地下に浸透しており、同社が回収を急いでいる。これまでにドラム缶(200㍑)13個分の重油が含まれた土砂を回収したという。漏れた量や面積などについては調査中。同社は発電所周辺の井戸水をくみ上げ、水源に油分が混入しているかどうか検査したが、混入は確認されていないという。同社宮古支店の比嘉正市支店長が31日、概要を説明するとともに「速やかに原因究明と再発防止策に努める」と陳謝。「市民には、詳細が判明次第報告していく」と話した。

 漏れたのはディーゼル発電機の燃料として使用している重油。

 同社によると、今年2月27日に宮古発電所内の重油タンク耐震性適合調査で、ボーリング調査を実施。その際、地中から採取された土に重油が付着していたため、関係機関に報告し調査を進めてきた。

 浅い所では地下約3㍍、深いところでは約18㍍付近から採取された土に重油が含まれていたことから、長期にわたって漏れていた可能性が高い。

 重油漏れが確認されたのはコンクリート製の側溝で、側面に直径約4㌢の穴が見つかっている。

 この側溝は1976年に建設されたもので老朽化が進んでおり、比嘉支店長は「いつから漏れているのか、どのくらいの重油が漏れているのか、現時点では分からない」とし、詳細判明は1カ月程度掛かる見通しであることを明らかにした。

 同発電所周辺にある大和川(ガー)と白川田(スサカダー)水源地の水をくみ上げて油分混入検査を実施しているが、31日現在、混入は確認されていない。引き続き検査を実施する。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!