01/25
2022
Tue
旧暦:12月23日 仏滅 戊 
イベント
2015年8月7日(金)9:03

「表現力に注目を」

30日の公演をアピール/劇団かなやらび


劇団かなやらびの公演をアピールする下地萌音さん(左)と飯島彩帆さん=6日、宮古毎日新聞社

劇団かなやらびの公演をアピールする下地萌音さん(左)と飯島彩帆さん=6日、宮古毎日新聞社

 「劇団かなやらび」の初の公演「もうひとつのはしり星~見上げてごらん夜の星を~」が30日午後2時から平良のマティダ市民劇場で行われる。劇団員で宮高3年の下地萌音(もと)さんをはじめ、同校1年の飯島彩帆(あやほ)さんと古川麻鈴さんが6日、宮古毎日新聞社を訪れて公演をアピールし、多くの市民の来場を呼び掛けた。

 劇団かなやらびの前身は市こども劇団で、2015年度から独立した形で活動を開始している。

 今回の作品は「はしり星にのって」のリメイク版となる。8人の少年少女が130年前の宮古島にタイムトラベルし、人頭税時代を体験する物語だ。

 下地さんは「一段とおもしろい作品になった。歌やダンスはなしで演技を重視した作品でメンバーの一体感がある。一人一人の表現力に注目してほしい」と公演をアピールした。

 飯島さんは「劇団かなやらびとして初めての公演になる。引退した先輩たちの思いを引き継いだ作品で頑張りたい」と話した。

 公演のチケットは前売りが500円、当日券は700円となる。前売り券は▽TSUTAYA沖縄宮古島店▽ファミリーマート各店▽Booksきょうはん宮古南店-で販売している。

 劇団かなやらびでは随時団員を募集している。入団を希望する児童生徒は、池間さん(電話090・9785・9179)まで。


カテゴリー新着

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!