07/20
2024
Sat
旧暦:6月14日 先勝 甲 
教育・文化
2015年8月16日(日)9:03

豆記者通し成長実感/第54次本土派遣豆記者

報告会で成果共有


第54次本土派遣豆記者が取材活動の成果を発表した=15日、市働く女性の家

第54次本土派遣豆記者が取材活動の成果を発表した=15日、市働く女性の家

 第54次本土派遣豆記者宮古地区報告会が15日、市働く女性の家で行われ、8人の児童生徒が取材活動で得た情報と成果を共有した。総理官邸への訪問や北方領土問題の取材を通して「自分自身、大きく成長することができた」「人生の財産になった」と充実感あふれる表情で報告した。



 豆記者8人は今月2日から7日までの日程で東京、北海道で取材活動を行い、それぞれ見聞を広めた。


 東京では総理官邸や東宮御所、国会議事堂などを見学。北海道では根室市長を訪問したり、同市の地元中学生と交流したりした。


 報告会ではこの活動の成果を発表した。平良第一小6年の砂川琉祥(りゅうしょう)君は「安倍総理大臣に会う時はどきどきした。今回の取材は一生の思い出になった」と素直な感想を話した。東小6年の根間新君は「日本や世界のことを広い視野で見ていきたいと思った」と語った。


 平良中3年の下地主真(かずま)君は「社会問題に目を向けることの大切さを学んだ」と発表。城辺中3年の仲里克樹君は北方領土問題の解決に強い関心を示し、「私たちが深く考え、周囲の人に発信し、行動することが大切。そうすれば解決の道は遠くない」と訴えた。


 下地中3年の砂川周(あまね)君は「学んだことは周りの人に伝える。(取材活動は)ぼくの人生で財産になった」と結び、上野中1年の川田琉理さんは「豆記者の経験を今後の学校生活に生かす」と決意した。


 平良中2年の砂川智穂(ちほ)さんは「夢のような時間だった。北方領土のことや、今回の活動で経験したことを一人でも多くの人に伝える」と決意。下地中2年の下地藍里さんは「かけがえのない仲間に出会えた。我慢、自立、思いやりの精神を身に付けることができた」と豆記者活動の成果を誇った。


 報告に先立ち、宮古地区豆記者交歓会の本村幸雄会長があいさつし、「期間中は感動の連続だったと思う。感動は生きる力。その感動を共有すれば一つになれる」と話し、報告会の意義を語った。また、「出会いが人を変える。出会いの数ほど人は輝く」と話し、豆記者8人のさらなる成長に大きな期待を込めた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!