11/28
2022
Mon
旧暦:11月5日 先負 乙 
教育・文化
2015年8月18日(火)9:05

赤嶺さん、内間君が優勝/沖縄ロボット大会で宮工快挙

WROjapan沖縄ロボット大会で優勝した赤嶺さんと内間君。2人が手にしているのは大会に使用したマシンと優勝カップ=16日、宮古空港

WROjapan沖縄ロボット大会で優勝した赤嶺さんと内間君。2人が手にしているのは大会に使用したマシンと優勝カップ=16日、宮古空港

 WROjapan沖縄ロボット大会2015(主催・県)が15日、那覇市の沖縄産業支援センターで行われ、宮古工業高校電気情報科1年の赤嶺南緒さんがパイロット競技で、内間拓夢君がベーシック競技でそれぞれ優勝した。3部門中、2部門を制覇する同校初の快挙で、9月に東京で行われる全国大会に出場する。

 ロボットを製作しプログラムにより自動制御する技術を競うコンテスト。事前に発表されたルールにのっとり、課題をクリアしたポイントと完了までの時間で順位を決定する。

 パイロット競技には15人が参加。赤嶺さんは1回目はマシントラブルで最下位だったが、2回目に巻き返しを図り優勝した。独自性が光るマシンが注目を浴びたという。

 15チームが出場したベーシック競技で優勝した内間君は、課題を全てクリアしての圧勝に、自分自身も顧問の先生もびっくりしたという。16日に帰島した2人は、宮古空港で学校関係者から祝福を受けた。

 同校の伊志嶺秀行校長は「日ごろからコツコツと練習してきた成果。自信を深めて学校生活を送ってほしい。モノ作りは人づくり。人間的にも成長する。周囲の人たちに感謝の気持ちを持ちながらもっと高みを目指してほしい」と激励した。

 赤嶺さんは「不安と緊張の連続だったが、周囲の励ましが力になった。全国では出来る限りの力を出したい」と抱負を語った。

 内間君は「自分が1位を取るなんて信じられない。全国大会に行けるのはとてもうれしい」と喜びを話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!