12/01
2022
Thu
旧暦:11月8日 赤口 戊 
産業・経済
2015年8月23日(日)9:04

被害の拡大を懸念/サトウキビ

折損、葉の裂傷必至か


折損や葉の裂傷被害が懸念されるサトウキビ=22日、城辺長間

折損や葉の裂傷被害が懸念されるサトウキビ=22日、城辺長間

 台風15号の接近に伴い農作物に与える被害が懸念される。特に大きな被害が予想されるのが基幹作物のサトウキビだ。強風によって折損や葉の裂傷が発生するのは必至の状況だ。生育旺盛期だけに、生産農家の落胆の度合いも大きい。

 栽培面積が大きいサトウキビを強風から守るためには防風林で対策を講じるしかない。防風林が形成されていないほ場では被害の拡大が懸念される。

 沖縄製糖宮古工場の砂川玄悠専務は、特に春植えと株出しの被害の拡大を心配する。「キビが伸びきっていない状況で強風にあおられて折損すると収量に大きな影響が出る」と話した。

 一部で始まっている新植夏植えについては降水量を懸念。「畝間をフラットにしてしまうほどの雨が降ると発芽や茎数の分けつで被害が出る」と指摘した。

 城辺の生産農家は「台風は仕方がない」と話しながらも、「風が強くならなければ良いが」と祈るような表情で話していた。

 サトウキビのほか、オクラの被害も出そうだ。JAによると、前回の台風13号の後に切り戻しを行い、実を付ける予定だったほ場が複数あるという。「これから実が付くところだったがこの台風で厳しくなる。値段も持ち直してくる時期なだけに残念」とした。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!