12/10
2022
Sat
旧暦:11月17日 先負 丁 
社会・全般
2015年8月26日(水)9:05

水難事故防止パトを継続/台風通過後の実施は初

遊泳する観光客に注意喚起のパンフレットを配布する海上保安署員=25日、下地島

遊泳する観光客に注意喚起のパンフレットを配布する海上保安署員=25日、下地島

 市水難事故防止推進協議会(会長・下地敏彦市長)は25日、台風15号通過後に、市内の主要ビーチ、海岸をパトロールした。台風通過後のパトロールは今回が初めてという。

 市の職員、宮古島海上保安署員、宮古島警察署員らが遊泳の注意事項が書かれたパンフレットを配布し、観光客に「波が高い時には海に入らない」など注意を促した。

 パトロールは市役所の各支所も近くにある主要なビーチなどをパトロールした。この日は市消防署が来間島方面、宮古島署が伊良部、砂山ビーチ、市職員が池間島の海岸などをパトロールした。

 このうち下地島の海岸では、東京からの観光客らに、海上保安署員がパンフレットを渡し、台風通過後で海がまだ波が高いので十分注意するよう話すとともに、離岸流や海の危険生物などについて説明した。

 東京から来た秋吉時弥さんは「このようなパトロールは、安全意識を喚起するには良いと思う。十分注意しながら海を楽しむようにしている」と話した。

 台風接近前から通過後3日間ほどは、同協議会が関係機関の協力でパトロールを続ける。車両でも巡回し、広報マイクで注意を呼び掛ける。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!