12/10
2022
Sat
旧暦:11月17日 先負 丁 
スポーツ
2015年8月26日(水)9:02

Tシャツデザイン決定/宮古島マラソン

新城さんの作品を選定


Tシャツデザインの決定を発表する長濱実行委員長(右)と石原雄広報班長=26日、宮古島観光協会

Tシャツデザインの決定を発表する長濱実行委員長(右)と石原雄広報班長=26日、宮古島観光協会

 エコアイランド宮古島マラソン実行委員会は26日午後、宮古島観光協会で会見を開き、大会のTシャツデザインを発表した。今年は有限会社東和の新城浩司さんの作品を選定した。ランニングシューズを大胆に配置するデザインで、マラソンを強く印象付けた。選手用は緑に白字、スタッフ用は黒地に白字を予定。

 Tシャツデザインコンテストで決定した。今年は13作品の応募があった。25日の選定委員会で選考委員が投票を行い、新城さんの作品が最も多い票を集めた。

 デザインは、ランニングシューズのほか、エコをモチーフにしたアイコンを複数配置した。英語表記のエコアイランド宣言の一部も書き込まれている。裏には伊良部大橋が描かれている。

 長濱政治実行委員長は「素晴らしいデザインだ」と高く評価。「このTシャツを大いにPRして大会を盛り上げたい」と意気込んだ。

 第6回大会は10月18日に開催。種目はフルマラソンとハーフマラソン、10㌔の三つで、フルとハーフは市陸上競技場で発着する。伊良部大橋が三つのコースに組み込まれている。

 26日現在のエントリー数はフル584人、ハーフ485人、10㌔238人。島外からのエントリーが7割以上を占めている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!