12/10
2022
Sat
旧暦:11月17日 先負 丁 
教育・文化
2015年8月31日(月)9:01

子供たちが堂々と演技

劇団かなやらび初公演


「もうひとつのはしり星」を演じる劇団員たち=30日、マティダ市民劇場

「もうひとつのはしり星」を演じる劇団員たち=30日、マティダ市民劇場

 「宮古島市こども劇団」から「劇団かなやらび」となって最初の公演「もうひとつのはしり星~見上げてごらん夜の星を~」が30日、マティダ市民劇場であった。小学5年生から高校3年生までの劇団員22人が出演し、大勢の観客を前に宮古島の今と昔を舞台としたストーリーを堂々とした演技で表現した。



 同劇団は2012年に結成されたこども劇団の運営主体を市から劇団員父母会に移行する形で15年4月に発足。今回は設立記念公演と位置付け、上演された。


 上演作は、こども劇団時代の14年に制作されたオリジナル創作劇「はしり星にのって」(作・いずみ凛)のリメイク版。130年ぶりに流星群が見られる日、ウリガー(降り井)に偶然集まり、洞くつを通るうちに130年前の宮古島にタイムスリップしてしまった8人の少年少女が、人頭税下の厳しい生活の中で横暴な役人に苦しめられている村人を協力して助け、現代へ戻るまでを描いている。


 出演者たちは大きな会場に臆することなく、一人一人が自分の役を最後まで演じきると、観客からは盛大な拍手が贈られた。


 公演終了後、劇団員リーダーの池間真悟君(宮高2年)は「公演を終え感極まっている。今回は劇そのものの面白さを自分たちで表現しようとの思いで取り組んできた。満足できる結果で、全員がいちばん良い感じでできたと思う。かなやらびとして1回目の公演だったので、これを次につなげていきたい」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!