12/07
2022
Wed
旧暦:11月14日 赤口 甲 大雪
産業・経済
2015年9月2日(水)9:03

地域重視でヒット商品を/おきなわ加工開発支援講座

講話を熱心に聞き入る受講生ら=1日、市中央公民館

講話を熱心に聞き入る受講生ら=1日、市中央公民館

 国の交付金を活用した「おきなわ型6次産業化総合支援事業」の一環で、「おきなわオンリーワン加工品開発支援講座」(主催・県)が1日、市中央公民館で開かれた。宮古島産農林水産物を活用した商品開発に取り組む約20人が受講。講師に岩手県二戸市でヒット商品「ブルーベリーのことこと煮」などを開発した中里敬さんが招かれ「これからの商品開発に必要なもの」と題して講話した。中里さんは「これからも地域のファンが増える商品を開発したい」と地域性重視に意欲を示した。

 中里さんは、ヒット商品が出る前の2012年2月に開催された商品開発セミナーに参加した。個別相談会で、女性担当者から「商品のパッケージを変えてみたら」と提案された。

 中里さんは「女性担当者の『どうですか、やって見ませんか』の言葉に背中を押され、パッケージを変えた。それが現在使用しているパッケージ」と述べた。

 新しいパッケージに刷新された「ブルーベリーのことこと煮」は砂糖が入っていない加工品。完熟した「ルーベル」を使用。加工方法は「真空低温濃縮法」を用いて味と香りをそのまま瓶詰めした。価格は100㌘入り617円。12年9月、東京駅内の店で販売したところ、年間1200本売れるヒット商品となった。
 中里さんは「自分はリンゴ栽培農家で、商品を製造する加工所は持っていない。商品の全量は加工委託」と語った。

 「ブルーベリーのことこと煮」に次ぐ新商品「レッドプラムのことこと煮」「太陽プラムのことこと煮」を開発した。東京のほかに那覇市の店でも本格的に販売を展開している。

 岩手県で今年6月、「いわて林檎と石垣島レモンのことこと煮」を新発売したところ1週間で完売したという。完売した数量には触れなかった。

 講座修了後、受講生らは中里さんと積極的に意見を交わしていた。

 岩手県二戸市(にのへし)国が2013年度に全過疎地域に指定。人口は3万人弱。全国的には伝説「座敷わらしのお宿」、産業の「ブロイラー」などが有名。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!