11/30
2022
Wed
旧暦:11月7日 大安 丁 
社会・全般
2015年9月13日(日)9:05

来間さんら3人認定/県農業士

真壁さんに感謝状


2015年度の指導農業士に認定された(前列右から)嵩原さん、長濱さん、来間さんと関係者=10日、県庁講堂

2015年度の指導農業士に認定された(前列右から)嵩原さん、長濱さん、来間さんと関係者=10日、県庁講堂

 【那覇支社】県農林水産部の2015年度県農業士等認定式が10日、県庁講堂で行われ、宮古地区から来間孝勇さん(57、下地嘉手刈)、長濱和彦さん(55、平良東仲宗根添)、嵩原健一さん(49、下地与那覇)に指導農業士の認定証が交付された。真壁恵修さん(66、上野)には名誉指導農業士として感謝状が贈られた。

 来間さんはマンゴーを栽培し、生産農家の中心的リーダーとして産地協議会委員にも選任され、生産振興や担い手育成に貢献。長濱さんはゴーヤーとミニトマトを栽培。野菜・果樹や農業機械士など団体役員を歴任し、農業経営の模範となる。嵩原さんはトウガンとサトウキビを経営。就農青年クラブなど組織活動で、農業青年や農業機械士の担い手育成に取り組んでいる。

 来間さんは「指導農業士として後継者指導の役割をしっかり果たしたい」、長濱さんは「新鮮で安全な付加価値の高い作物を育てたい」、嵩原さんは「自分の経験を生かした指導で、後継者育成に頑張りたい」とそれぞれ抱負を語った。

 認定式で島田勉農水部長(代読・島尻勝広農業振興統括監)は「今後とも自己研さんに励み、農業士として県内農業の担い手育成などに尽力してほしい」と激励した。

 県の農業士認定制度は1978年に制定。農業士は県内農業の振興に向け、地域の担い手や指導者として、後継者育成などの役割が期待される。今年度は指導農業士15人、青年農業士3人、女性農業士2人の計20人を認定した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!