12/01
2022
Thu
旧暦:11月8日 赤口 戊 
社会・全般
2015年9月26日(土)9:04

キッズデザイン賞受賞

県内初 はなぞのこどもえん


キッズデザイン賞受賞を下地市長(右から2人目)に報告する新城園長(左から3人目)と設計士の日比野さん(右)ら関係者=25日、市長室

キッズデザイン賞受賞を下地市長(右から2人目)に報告する新城園長(左から3人目)と設計士の日比野さん(右)ら関係者=25日、市長室

 幼保連携型認定こども園「はなぞのこどもえん」(新城久恵園長)の園舎が、第9回キッズデザイン賞(主催・NPO法キッズデザイン協議会、後援・経済産業省)を受賞した。「建築・空間デザイン分野の感性・創造性部門」での受賞で、審査員からは、「子供の創作意欲を刺激しそう」などと高い評価を受けた。県内では初という。

 同園の新城園長と設計士の日比野拓さんらが25日、下地敏彦市長に受賞の喜びを報告した。

 同園は、「感じる園舎」をテーマに、園庭にはガジュマルやフクギなどの木々を配置。建物の正面部分には、強い日差しを適度に遮りながらも風通しを良くする花ブロックを施した。

 アトリエやスタジオほか、園舎内の壁に自由に落書きして消せる空間を備えるなど、子供たちの豊かな発想を伸び伸びと表現できる施設にした。

 さらに、光と風にあふれる開放的なダイニングは、自然の恵みを感じるとともに、食べることの豊かさを学ぶことができる。

 新城園長は「園に行きたくないという園児なんていない。いつも喜んで通園して走り回っている」と話した。

 日比野さんは「受賞は、宮古島市やこどもえんが注目される良いきっかけになった」と述べた。国内外の建築専門誌が取り上げ、見学者も後を絶たないという。

 下地市長は「楽しめる空間がいろいろある」と受賞を共に喜んだ。

 オランダのアムステルダムの幼保育所のオーナーも視察で来島、受賞報告に同席した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!