12/06
2022
Tue
旧暦:11月13日 大安 癸 
産業・経済
2015年10月1日(木)9:04

マンゴー生産量は765㌧/15年産

産地認定シール廃止へ


マンゴーの生産量などを確認した第2回産地協議会=30日、県宮古合同庁舎

マンゴーの生産量などを確認した第2回産地協議会=30日、県宮古合同庁舎

 宮古島市マンゴー産地協議会(会長・福里匡市農政課長)が30日、県宮古合同庁舎で開かれた。この中で2015年度は過去最高765㌧のマンゴーを生産した実績を確認した。そのほか産地認定シールの見直しを審議。活用する農家が少ないことなどを理由に廃止する方向性を決めた。

 生産量については、県宮古農林水産振興センター農業改良普及課が報告。787㌧の予測に対して、765㌧の実績(推測値)であることを示した。

 マンゴー生産に関する市の単独補助事業については福里会長が「航空、船舶を活用する本格的な複合輸送が始まり、滞貨問題解消の糸口は見えた」として補助の再開を示唆したが、「もう少し様子を見て判断していきたい」とし、市で検討を進める考えを示した。

 マンゴーの産地を認定するシールについては、利用の方法をめぐって消費者に誤解を与えていることを懸念。「C品であろうと加工に回すような果実であろうとシールを張っているケースがある。品質保証するシールではないが消費者が勘違いする」(市農政課)として疑問を投げ掛けた。

 生産量の割には活用する農家が少ないことも課題に挙げ、最終的には「来年度以降は実施しない」ことを協議会で確認した。在庫の活用は別途検討する。

 そのほかマンゴーまつりの開催のあり方などについても意見を交わした。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!