01/28
2022
Fri
旧暦:12月26日 先勝 辛 
スポーツ
2015年10月27日(火)9:06

根間が高校男子制す/本社杯剣道

7部門で熱い戦い


7部門に50人が出場してこれまでの稽古の成果を競い合った=25日、旧宮原小学校体育館

7部門に50人が出場してこれまでの稽古の成果を競い合った=25日、旧宮原小学校体育館

 宮古毎日新聞杯第32回全宮古青少年健全育成剣道大会が25日、旧宮原小学校体育館で開かれた。基本形式の部、競技形式の部、試合形式の小学生の部のほか、中学生と高校生男女の部の7部門に50人が出場。日ごろの稽古で鍛えた竹刀さばきを競い合った結果、高校男子は根間武志(宮高1年)が制し、同女子は羽地彩郁(同2年)が優勝。中学男子は宮平朋弥(平良1年)、同女子は福田彩織(上野2年)が制した。小学校の部は試合形式の部で平良律稀(平一6年)、競技形式の部で五十嵐晴輝(久松3年)、基本形式の部は佐和田翼(平一2年)がそれぞれ優勝した。

 開会式では、大会長を務める宮古毎日新聞社の平良覚社長が「毎日の稽古で鍛えた成果を発揮して、最後まで頑張る皆さんの活躍を期待している」とあいさつ。宮古郡剣道連盟の長濱光雄会長も、あいさつし選手たちの勝負で熱気あふれる大会となることに期待を寄せた。

 選手を代表して宮古高校の西川美海君と根間穂菜美さんが「日ごろ鍛えた技を発揮して、正々堂々と闘うことを誓います」と宣誓した。

 初心者を対象とした基本形式の部では、足の運びや竹刀の振り方など、競技形式の部では指導者を相手に実際に面、小手、胴を打つ動きなどを審査した。

 試合の部は、中学と高校女子の部はリーグ戦、そのほかの部はトーナメント戦で勝敗を競った。

 上位結果は次の通り。

 ▼小学生・基本形式の部
 【優勝】佐和田翼(平一2年)【準優勝】平良倖人(東1年)【3位】與那覇美優(同3年)
 ▼同・競技形式の部
 【優勝】五十嵐晴輝(久松3年)【準優勝】友利新(北3年)【3位】佐藤昴(上野3年)
 ▼同・試合形式の部
 【優勝】平良律稀(平一6年)【準優勝】甲斐菜桜(東6年)【3位】川上寛太(上野5年)
 ▼中学生女子の部
 【優勝】福田彩織(上野2年)【準優勝】新里美麗(平良3年)【3位】兼島一芽(上野1年)
 ▼中学生男子の部
 【優勝】宮平朋弥(平良1年)【準優勝】友利理(同)【3位】喜久川優(北1年)
 ▼高校女子の部
 【優勝】羽地彩郁(宮高2年)【準優勝】甲斐瑞季(同1年)【3位】根間穂菜美(同2年)
 ▼高校生男子の部
 【優勝】根間武志(宮高1年)【準優勝】楚南宏武(同)【3位】西川美海(宮高2年)


カテゴリー新着

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!