07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
産業・経済
2015年10月30日(金)9:05

子牛価格64万6000円/10月肉用牛競り

前月の過去最高を更新/最高は雄93万円、去勢88万円


子牛1頭平均価格が過去最高を更新した10月期競り=29日、JAおきなわ宮古家畜市場

子牛1頭平均価格が過去最高を更新した10月期競り=29日、JAおきなわ宮古家畜市場

 JAおきなわ宮古家畜市場の10月期肉用牛競りが29日開かれ、子牛1頭平均価格が64万6645円となった。前月の63万2723円の過去最高を更新した。最高価格は雄の93万3000円。去勢は88万7000円で、JAおきなわ宮古地区畜産振興センターによると去勢は過去最高価格。平均キロ単価も2412円で、前月(2435円)に比べて23円低かったが、依然として高値で推移している。総販売額は2億2800万円で、成牛を含めた販売額は2億4700万円の大商い。電光掲示板に高値が付くと市場は歓声に包まれた。市場関係者は素牛(繁殖牛として育成する前の子牛)不足が要因とし「高値傾向はしばらく続くだろう」と話している。

 10月競りには子牛353頭(去勢193頭、雌160頭)が上場され、全て成立した。上場牛の平均体重は268㌔。

 1頭平均価格を性別に見ると、去勢は69万3578円で、前月(66万9037円)に比べ2万4541円高。雌は59万31円で、前月(58万4072円)に比べて5959円高といずれも高値が付いた。

 平均キロ単価は、去勢が2481円で前月(2485円)比4円安。雌は2320円で前月(2363円)比43円下がった。

 高値の要因について、同畜産振興センターは、全国的な素牛不足が要因と分析。今後の動向については「高値傾向はしばらく続くだろう」としながらも「笑ってばかりもいられない。こういう時こそ、削蹄(牛の爪切り)などをして牛を磨くことや、競り市場でのマナーを守って購買者に好印象を与えることが高値を維持することにつながる」と述べた。

 10月の肉用牛競りは、県畜産共進会が25日に宮古島市で開催されたため、通常19日開催を29日に延期して実施した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!