07/07
2022
Thu
旧暦:6月9日 友引 辛 小暑
スポーツ
2015年11月5日(木)9:06

90歳亀濱さん胸張って帰島/全日本マスターズ陸上

3冠世界新ひっさげ/「来年も頑張る」と抱負


マスターズ陸上3冠を達成した亀濱敏夫さん(中央)の快挙を祝おうと多くの関係者が出迎えに訪れた=4日、宮古空港

マスターズ陸上3冠を達成した亀濱敏夫さん(中央)の快挙を祝おうと多くの関係者が出迎えに訪れた=4日、宮古空港

 陸上の第36回全日本マスターズ選手権で、3種目の世界記録を塗り替えて優勝した宮古島市の亀濱敏夫さん(90)が4日午後、帰島した。空港には家族をはじめ宮古マスターズ、ソフトテニス連盟の仲間が駆け付けて亀濱さんの3冠世界新の達成を祝福。「沖縄、日本を飛び越えて世界のおじいになった」と喜んだ。

 亀濱さんは、岐阜県で開催された全日本マスターズM90(90~94歳)区分の400㍍、800㍍、1500㍍に出場して優勝。400㍍は1分34秒83、800㍍は3分39秒7、1500㍍は7分37秒8といずれも世界新記録で走った。

 3種目で世界記録を塗り替えた快挙が認められ、この大会の最優秀選手(織田幹雄賞)にも選ばれた。

 空港での報告会で沖縄マスターズ(陸上)宮古支部の平良耕次郎支部長は「亀濱さんが世界のナンバー1になったことを心から祝福したい。今や亀濱さんは世界のおじいだ。みんなに幸せをもたらしてくれた」と喜びを爆発させた。

 亀濱さんと共にソフトテニスを楽しんでいる宮古ソフトテニス連盟の平良重二会長は「世界最高という大きな土産を持って帰ってきてくれた。温暖な気候の宮古島を離れ、寒い岐阜で走るというハンディを抱えての優勝は価値がある素晴らしい成果」と話した。

 市陸上競技協会の多良間勉会長も駆け付け「オリンピックで金メダルを三つ取るのと同じ価値がある。多くの市民が新聞を読んで感動した。この島に世界一の男がいるということを心から誇りに思う」と話し、亀濱さんの快挙をたたえた。

 これらの祝福を受け亀濱さんは、「そおっと行ってそおっと帰ってくるつもりでいたのに、このような盛大な祝福をありがとう」と感謝した。その上で「宮古マスターズやソフトテニスの皆さんが毎日のように私を励まして、応援してくれたおかげ。来年も参加できたら頑張りたい」と喜びと抱負を力強く語った。

 空港に訪れた関係者は大きな拍手を送って「世界のおじい」を祝福。さらなる活躍に期待を込めた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!