12/01
2022
Thu
旧暦:11月8日 赤口 戊 
政治・行政
2015年11月6日(金)9:06

未収金2億6700万円/宮古病院

前年比2・9%悪化/サービスの質低下懸念
14、15年度で2件の法的措置


診療費個人負担分未収金の現状と未収金縮減に向けて理解と協力を呼び掛けた上原院長(右)=5日、宮古病院

診療費個人負担分未収金の現状と未収金縮減に向けて理解と協力を呼び掛けた上原院長(右)=5日、宮古病院

 宮古病院(上原哲夫院長)は5日、未収金額(個人医療費分)が2015年9月末現在で2億6704万円(2624人)に上ることを公表した。前年同時期に比べて2・9%悪化している。会見で上原院長は「未収金が増えると病院の経営に必要な資金が不足し、医療サービスの質の低下につながる」と懸念した。今後も滞納者への督促を徹底するほか、特に悪質な滞納者に対しては法的措置を講じるとしており、14、15年度で2件の法的措置を実施したことも発表した。

 未収金額の内訳でみると、「分割支払いを約束したが不履行」が最も多く51・4%。人数では1324人で、金額は1億3737万円となっている。

 次いで、「分割支払約束の履行中」が全体の35%で人数は904人、金額は9352万円。「患者死亡・患者転居により請求困難」が9・8%などとなっている。

 同院では未収金発生の要因として①生活困窮のため医療費が支払えない②健康保険料未納に伴う自己負担分の増加③支払い約束の不履行-を挙げる。

 未収金縮減の対策としては文書督促(分割納入中の者を除く)や高額未収者に対する電話・訪問督促等を徹底して納入を促す。悪質な者には法的措置を視野に入れた姿勢で臨むとしている。

 会見で上原院長は、宮古病院で必要な経費の大部分は患者が支払う医療費によってまかなわれていることを訴え「宮古病院は独立採算が原則。未収金の増加により赤字が増えると経営が破たんし、医療サービスが提供できなくなる可能性もある。地域医療を守るために理解してほしい」と述べた。

 そのほかにも、2011年度以降、同病院における未収金額は増加傾向にあることを報告し、未収金縮減に向けて理解と協力を呼び掛けた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!