12/07
2022
Wed
旧暦:11月14日 赤口 甲 大雪
スポーツ
2015年11月8日(日)9:04

北、ベスト尽くし準V/県中学駅伝

全員自己新マーク/「借りは九州で返す」


23年ぶりに宮古勢として九州大会出場を決めた北男子のメンバー=7日、市総合体育館

23年ぶりに宮古勢として九州大会出場を決めた北男子のメンバー=7日、市総合体育館

 「うれしさ半分、悔しさも半分」-。7日に開催された県中学駅伝男子の部で準優勝した北のメンバーは口をそろえた。地元優勝を狙っていただけにトップとの26秒差を悔やむ。それでもこの日の北はベストを尽くした。出場6人全員が自己新をマークし、総合成績は地区大会に比べて2分近く縮めて見せた。宮古勢としての準優勝は23年ぶりの快挙だ。「この借りは九州で返す」。28日の九州大会での雪辱を期す。



 北はレース前、3区で逆転して逃げ切るレースプランを立てていた。「アンカーに渡す時点で30秒の差があれば勝てる」(与那覇正人監督)と踏んでいた。


 1区の友利怜央は区間新の快走で2着に入り、チームに勢いを付けた。2区の宮里勇飛は順位を一つ落としたものの、区間5位の走りでたすきをつないだ。


 勝負の3区は主将の下地大介に託された。前を行く久松を交わすと、トップの宮里に迫った。狙い通りの逆転が期待されたが、僅かに届かず8秒差の2位でこの区間を終えた。


 北はその後も宮里を追走し、5区で一時は逆転したものの、最終区で引き離されて優勝を逃した。全員が自己新をマークしたが、あと一歩及ばなかった。
 与那覇監督は「選手全員が力を出し切った。1年のころから駅伝をやってきたメンバーであり、悔しさも半分あるが、準優勝することができてうれしい」と話した。その上で「相手の力が上だった。こればっかりは仕方がない」と宮里の走力の高さに脱帽だった。


 主将の下地は「この大舞台で自分たちの走りができたけど2位は悔しい」と唇をかんだ。「地元開催で優勝したかった。それを達成できなかった借りは九州大会で返したい。九州大会に向けて、チーム内での競争を激しくしながら練習に取り組みたい」と話した。


 6年ぶりの宮古島開催に沿道は沸いた。多くの市民が声援を送って選手の背中を後押し。北男子のメンバーも「応援があったから2位になれた」と話し、暑い中で声援を送り続けた市民に感謝を込めた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!