12/06
2022
Tue
旧暦:11月13日 大安 癸 
産業・経済
2015年11月13日(金)9:04

万全な国内対策を/TPP

県農業代表者大会で決議


大会宣言を採択し「ガンバロー三唱」する参加者=12日、南風原町立中央公民館

大会宣言を採択し「ガンバロー三唱」する参加者=12日、南風原町立中央公民館

 【那覇支社】2015年度産さとうきび価格・政策の確立に向けた「県農業代表者大会」(主催・県さとうきび対策本部)が12日、南風原町立中央公民館で開かれ、TPP(環太平洋経済連携協定)の影響を最小限に食い止める関連法制度の整備や予算措置など、万全な国内対策を政府・与党に強く求める大会宣言を採択した。

 主催者の新崎弘光対策本部長は「現行の糖価調整制度を維持し当分の間、直接の影響は少ないが、高糖度精製用原料糖の調整金削減や加糖調整品の輸入量が一定程度増えることで、調整金収入が減少する可能性がある」と述べた。

 JAおきなわの砂川博紀理事長は「サトウキビ生産の維持存続を図るため、再生産に向けた生産者確保と、甘しゃ糖企業の経営安定化に向け強く要請する」と訴えた。▽TPP関連に対応した国内対策▽糖価調整制度の堅持と財源確保▽甘味資源作物交付金水準の引き上げ▽増産基金の継続、新たな生産振興対策の予算確保▽甘しゃ糖・含蜜糖企業の経営安定対策-など7項目からなる要請決議を満場一致で採択した。

 来賓の翁長雄志知事(代読・浦崎唯昭副知事)と喜納昌春県議会議長は、生産農家が安心して生産に取り組めるよう、JAや関係機関と一体となって今後も国に要請していくと強調した。

 大会には県内各地の生産農家や農業機関の関係者ら約500人が集結。宮古6地区の生産組合やJA各支店の代表者23人も参加した。 JA宮古地区の新城武一郎本部長は「宮古のキビ生産は県全体で約5割を占め、まさに農家の命であり宝。今大会で決議された要求項目の確立を目指して運動を展開し、生産農家と連携しながら増産に取り組みたい」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!