07/20
2024
Sat
旧暦:6月14日 先勝 甲 
教育・文化
2015年11月27日(金)9:06

平良、友利さん知事表彰/県文化功労者表彰式

宮古民謡、伝統工芸で/長年の功績たたえる


県文化功労者として表彰された平良さん(左)と友利さん代理の息子・孝雄さん=26日、県庁講堂

県文化功労者として表彰された平良さん(左)と友利さん代理の息子・孝雄さん=26日、県庁講堂

 【那覇支社】2015年度県文化功労者の表彰式が26日、県庁講堂で開催され、伝統芸能(宮古民謡)の平良重信さん(85)=平良西里=や伝統工芸(苧麻糸手績み)の友利ヒデさん(90)=同=ら、5分野で功績のあった15人・1団体に表彰状が贈られた。

 平良さんは「強い決心で宮古民謡の盛り上げに努力したのが認めれ、満足し心から感謝したい。初心者用九九四や古謡集、宮古芸能系譜の制作に取り組んだことなどが思い出される。体が続く限り宮古民謡の発展に向けて頑張りたい」、今年度受賞者で最高齢の友利さん代理出席の息子・孝雄さんは「本人は受賞を知って、とても喜んでいたと聞いた。子ども6人を一生懸命育てながら病気とも闘いながら、受賞に至った母親を誇りに思う。今も週1回自宅で糸手績みを習う若い人から、元気をもらって頑張っている」と、それぞれ喜びを語った。

 翁長雄志知事(代読・前田光幸文化観光スポーツ部長)はあいさつで「各分野において継承発展や後進の指導、育成に努められ、県の文化振興に大きく貢献された。心から敬意を表する」と述べ、受賞者をたたえた。

 平良さんは元宮古民謡保存会長で現在顧問。「長年にわたり宮古民謡の保存・継承と錬磨に努めるとともに、宮古民謡の掘り起こしや採録研究に取り組み、宮古民謡の普及と後進の指導・育成に尽力するなど県の文化振興に貢献した」、友利さんは国選定保存技術「苧麻糸手績み」技術者。「長年にわたり同技術者として技術の保存・継承と研さんに努めるとともに、後進の指導・育成に尽力するなど県の文化振興に貢献した」として、それぞれ高く評価された。

 県文化功労者表彰は1990年に創設。芸術文化の振興や文化財保護に尽力するなど、沖縄の文化の振興に功績のあった個人・団体をたたえ、知事が表彰する。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!