12/07
2022
Wed
旧暦:11月14日 赤口 甲 大雪
産業・経済
2015年12月10日(木)9:07

伊良部漁協が移転

老朽化で市スポーツセンターに
新たな水揚げ場にぎわう


移転先で初めて大量のカツオが水揚げされにぎわっていた=9日、佐良浜

移転先で初めて大量のカツオが水揚げされにぎわっていた=9日、佐良浜

 老朽化で鉄筋コンクリートの破片が落下し、鉄筋がむき出しになって危険な建物として、佐良浜漁港の一角に荷さばき施設・事務所施設を併設する伊良部漁協(漢那一浩組合長)は9日までに、市佐良浜スポーツセンターに移転し業務を本格化させた。移転先の岸壁に設置される浮き桟橋が各漁船の新たな水揚げ場に指定され、この日初めてカツオが1・2㌧水揚げされにぎわった。

 旧伊良部町時代の1979(昭和54)年、沖縄県水産業構造改善特別対策事業で鉄筋コンクリート建ての荷さばき施設は建設された。占用面積551平方㍍。事業費3270万円。水産物はこの荷さばき施設で販売された。建設から今年で37年が経ち老朽化が顕著となっている。

 荷さばき施設完成から数年後に鉄筋コンクリートで2階が増築され、その2階部分が伊良部漁協の事務所として利用された。
 漁協の東約400㍍先にある同センターに移転したことから、年明けには荷さばき施設・事務所施設ともに取り壊される見通し。数年後に新築される予定。

 この日大漁で水揚げしたのは一本釣りカツオ漁船「喜翁丸」(9・9㌧、漢那竜也船長)。大阪から伊良部に修学旅行民泊で訪れている高校生らが駆けつけ、カツオ見学で感動の表情を見せていた。

 漢那船長は「新たな場所に大漁で初めて水揚げし、縁起が良い」と喜ぶ。

 漢那組合長は「新たな施設・場所で従来以上の活性化を図りたい」と意気込む。

 問い合わせは、伊良部漁協(電話0980・78・3119)へ。新住所は、宮古島市伊良部字池間添248の32。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!