07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
教育・文化
2015年12月13日(日)9:02

當眞、砂川さんが合格/波平重夫研究所

琉球古典芸コン三線新人賞


第50回琉球古典芸能コンクール三線新人賞部門で新人賞に合格した當眞さん(右)と砂川さん=10日、波平重夫研究所・平良下里(写真提供・同研究所)

第50回琉球古典芸能コンクール三線新人賞部門で新人賞に合格した當眞さん(右)と砂川さん=10日、波平重夫研究所・平良下里(写真提供・同研究所)

 第50回琉球古典芸能コンクール(主催・琉球新報社)で、當眞昇(のり)さん、砂川弘志さん=ともに平良西仲宗根=が、三線新人部門に合格した。新人賞は優秀、最高の各賞へ続く登竜門で、2人を指導した波平重夫さん(琉球古典音楽野村流伝統音楽協会波平重夫研究所代表)は「審査員を目の前にした緊張感の中で、日ごろの稽古の成果を十分に発揮した。次は優秀賞を狙ってほしい」と門下生の快挙をたたえた。同研究所は開設5年目で、三線新人賞合格は3人目。

 三線新人部門のコンクールは、8月8~10日に那覇市天久の琉球新報本社多目的ホールで行われた。

 當眞さんと砂川さんは2度目の挑戦で、課題曲の「伊野波節(ぬふぁぶし)」を三線を演奏して歌った。

 「伊野波節」は恋歌で、指導した波平さんによると、「長い曲で、ゆっくりとしたテンポで歌うことから、演奏するときは一瞬たりとも気が抜けない」と話した。

 表彰式は6日に那覇市内のホテルであり、2人に合格の証しである賞状が授与された。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!