07/01
2022
Fri
旧暦:6月3日 友引 乙 
社会・全般
2015年12月29日(火)9:03

「楽しい正月を」/歳末たすけあい運動

市社協が義援金伝達


饒平名会長(左)から目録を受け取る砂川会長(左から2人目)=28日、市社会福祉協議会城辺支所ホール

饒平名会長(左)から目録を受け取る砂川会長(左から2人目)=28日、市社会福祉協議会城辺支所ホール

 市社会福祉協議会(饒平名建次会長)は28日、同協議会城辺支所ホールで「歳末助け合い運動」義援金の伝達式を行った。饒平名会長から目録を受け取った市民生委員児童委員協議会の砂川栄会長は「該当者に配布して、正月が楽しく迎えられるよう激励してきたい」との思いを述べた。

 同義援金は、母子・父子世帯や一人暮らし高齢者、高齢者世帯、障害児(者)や長期療養児(者)、寝たきり高齢者などを抱え生活に困っている要援護世帯がそろって明るい正月が迎えられるように配分される。今回の対象者は312人で一人当たり3000円、総額93万6000円が配分される。

 伝達式では饒平名会長が、義援金を該当者へ届ける民生委員児童委員の各地区代表に「一人一人がともに支え合うという皆さんの善意が集まっているので、それをしっかりと届けて、みんなが安心して暮らせる地域づくりに貢献してほしい」と呼び掛け、砂川会長に義援金の目録を手渡した。

 砂川会長は「たくさんの市民の皆さんが年末の募金をしてくれていて、その浄財が私たち委員の活動に関わる人たちに配分してもらえることに心から感謝している。該当者にしっかりと配布をして、新しい正月が楽しく迎えられるよう激励してきたい」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!