12/07
2022
Wed
旧暦:11月14日 赤口 甲 大雪
産業・経済
2016年1月13日(水)9:05

農家手取額2万1745円/サトウキビ価格

トン当たり前期比22円減


14-15年期サトウキビ価格

14-15年期サトウキビ価格

 2015-16年産のサトウキビ価格が決まった。1㌧当たりの農家手取額は標準的な糖度(13・7度)で2万1745円となり、前期比22円の減額。国の交付金は据え置かれているが、砂糖の国際相場で決まる原料代金が減額となった。



 農家へのサトウキビ代金は、国の交付金と製糖工場が農家に直接支払う原料代金で構成されている。


 昨年1月に決まっている国の交付金は、1万6420円。基準糖度帯(13・1~14・3度)であれば一律に交付されるが、この糖度を下回ると0・1度ごとに100円減額され、逆に上回ると0・1度ごとに100円の増額となる。


 これに対してこのほど決まった原料代金は、基準糖度内であっても変動。上下0・1度ごとに円ずつ加減される仕組みだ。


 基準糖度(13・7度)のサトウキビは2万1745円だが、14・3度なら2万1979円となる。15度になると2万2951円、16度は2万4339円まで跳ね上がり、基準糖度との差額は2594円にも及ぶ。


 逆に糖度が低いと同じ下げ幅で減額されるため、より品質の高いサトウキビが求められる価格制度だ。


 15-16年産サトウキビは豊作型だが、夏場に相次いだ台風で折損被害や塩害が発生。干ばつにも見舞われて生育が鈍化した。


 ただ、官民一体となった迅速なかん水作業が奏功して各地の被害は最小限にとどめられている。


 各工場の生産量は▽沖糖宮古13万4000㌧▽宮糖城辺11万1609㌧▽宮糖伊良部5万8150㌧▽宮糖多良間1万9910㌧-が見込まれ、宮古地区全体の生産量は前期並みの32万㌧を確保できそうだ。


 一方で品質面は伸び悩んでいる。全4工場が今期の操業を開始しているが、平均糖度が14度に達しているのは宮糖伊良部のみ。ほか3工場は13度台で推移しており、冷え込みなど今後の気象条件による品質の上昇が期待されている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!