12/07
2022
Wed
旧暦:11月14日 赤口 甲 大雪
教育・文化
2016年1月15日(金)9:02

友達たくさんつくりたい/新潟・板倉区交流事業

城辺の児童4人が出発


交流事業へ出発する児童4人と関係者たち=14日、宮古空港

交流事業へ出発する児童4人と関係者たち=14日、宮古空港

 新潟県上越市板倉区との交流事業(冬季)に参加する城辺地区の小学生4人が14日、新潟へ向け出発した。宮古空港では出発式が行われ、児童代表が「友達をたくさんつくりたい」などと抱負を語った。



 同交流事業は、人頭税廃止に尽力した中村十作が板倉出身であったことをきっかけに1994年度から中学生交流としてスタート。その後、2000年度からは小学生交流となり、夏は宮古島、冬は板倉区を相互に訪れ、ホームステイをしながらさまざまな体験を行っている。


 今回は城辺小6年の益田万綸さん、西城小6年の赤嶺杏果さん、砂川小6年の砂川葵さん、福嶺小6年の池間暖さんの4人が4泊5日の日程で、板倉区の学校との交流や中村十作記念館の見学、スキーなどを体験する。引率者として城辺公民館の松川義明補佐と砂川小の砂川聡美教諭が同行する。


 出発式では児童を代表して益田さんが「私が楽しみにしているのはスキー。雪を見るのは初めてなのでとても楽しみ。板倉ではいろいろな学校と交流して友達をたくさんつくって帰ってくるので楽しみにしていてほしい」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!