12/01
2022
Thu
旧暦:11月8日 赤口 戊 
産業・経済
2016年1月16日(土)9:02

マンゴー 花の出遅れる/暖冬、長雨等の影響で

暖冬や長雨の影響で花芽分化が遅れているマンゴー=15日、市内のマンゴー農園

暖冬や長雨の影響で花芽分化が遅れているマンゴー=15日、市内のマンゴー農園

 暖冬、長雨、日照不足等の影響で、マンゴーの花芽分化が遅れている。全体的な傾向とみられ、今後の気象条件次第では収量に影響を及ぼす可能性もある。具体的な対策はないが、15日からの低温は好条件だ。花芽の活性が期待される。

 花芽分化には一定程度の低温と乾燥が必要だが、宮古島地方は11~1月にかけて暖かい気候だった。日照不足、長雨も重なって生育には好ましくない気象条件が続いた。この影響を受けて出蕾に遅れが生じているものとみられる。

 県宮古農林水産振興センター農業改良普及課によると、例年と比べて1カ月から1カ月半ほど遅れている状態にあるという。

 例年なら水を切る時期だが長雨の影響で対応できない現状もある。ビニールを張れば雨はしのげるが、室温が上がって花芽分化が阻害されかねないという不安要因がある。農家は難しい選択を迫られている。

 市内でマンゴーを栽培している砂川政文さんの農園も花が遅れている。「花の出が遅い。例年なら膨らみ始めているが、まだ見えない状況だ。多くの農園が同じような状況にあるのではないか」と天候に左右されている現状を語った。

 別の農家は「花が遅いのか止まっているだけなのか分からない。ただ、例年だと12月後半から花は動き出すものだが、今年はまだそれが見えない」と落胆。併せて今後の気象条件次第では花が咲かず、収量に影響することを指摘した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!