12/07
2022
Wed
旧暦:11月14日 赤口 甲 大雪
教育・文化
2016年1月17日(日)9:03

復習の反復・継続が大事/教育講演会

鐙氏が秋田県の取り組み紹介


大勢の教師やPTA関係者が参加した教育講演会=14日、市中央公民館

大勢の教師やPTA関係者が参加した教育講演会=14日、市中央公民館

 宮古島市教育研究所(多良間勉所長)主催による教育講演会が14日、市中央公民館で開かれ、学力向上先進県とされる秋田県の取り組みについて学んだ。

 市教育研究所では市の教育環境の向上を目的に、ひごろから教育研修の機会を重ねており、今回は秋田県から派遣教員として平良中学校で指導にあたる鐙基倫(あぶみ もとひろ)教諭を講師に招いた。

 講話を行った鐙教諭は、データで秋田県と宮古島市の児童生徒の学習状況を紹介しつつ、その違いや留意点などについて示唆した。

 それによると、トータルで学習時間などに大きな違いはないが、差異として見られたのが復習の時間と休日の過ごし方。秋田県の児童生徒は復習にかける時間や機会が多く、結果、最初の学びを長期にわたって記憶し、それが理解の深まりに結びついているなど、復習の反復・継続が大切であることを示唆した。

 また休日の過ごし方について、宮古島市の児童生徒は外に出向く機会が多いのに比べて、秋田は家庭で過ごすことが多く、それが家庭教育の機会を増やす結果となっているとしている。

 学力向上に学校と家庭、地域の連携は不可欠との認識に違いは無く、その意味で先の違いの改善が今後の向上に大切と強調した。

 会場には多くの教師やPTA関係者が参加したが、データに基づいた鐙教諭の示唆に感じ入ったようで、メモを走らせながら終始熱心に聞き入っていた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!