11/30
2022
Wed
旧暦:11月7日 大安 丁 
環境・エコ
2010年10月27日(水)9:00

環境や節電意識に効果/住宅用太陽光発電

10年度 市補助対象は36件

市や国の補助を受けて設置された住宅用太陽光発電システム=26日、平良久貝

市や国の補助を受けて設置された住宅用太陽光発電システム=26日、平良久貝

 市企画政策部エコアイランド推進課のまとめによると、2010年度の住宅用太陽光発電システム設置補助事業の対象は36件となった。大金修一エコアイランド推進課長は募集に殺到したことなどから「市民の関心は高い」と分析。市は来年度も推進していく考えだ。システムを導入した平良久貝に住む男性は「節電の意識がかなり高くなった。地球環境に貢献しているという誇りも少しはある」と話した。


 同男性は、今年6月に380万円(うち国40万円、市20万円補助)をかけ6㌔㍗の発電システムを導入。月平均の電気料は以前の1万2000円から、5000円に減った。売電料も月に2万5000円~3万円入る。自己負担分の320万円は、10年で回収できる見込みという。同男性は「経済的なメリットも大きい。やって良かった」と評価した。
 1㌔㍗時当たりの売電額は48円。余剰電力を電力会社の配電網とつなぎ販売している。

 同事業はエコアイランド宮古島構想の一環として、新エネルギーによる低炭素社会の推進や、環境保全への意識啓発を目的に実施した。
 市の補助額は1㌔㍗当たり5万円で、上限が20万円(4㌔㍗)。市は500万円の予算を組み募集をかけた。

 第1期の受け付けは20件を限度に4月1日~6月30日までを予定していたが申し込みが殺到し、1日間で終了。高いニーズを受け、さらに200万円を補正し、第2期(期間8月2日~9月30日)を受け付けた。
 申し込み件数は28件。予算を超えたため、抽選で16件を選定した。県内他市をはるかに上回る申し込み実績は、市民の関心の高さをうかがわせるという。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!