11/30
2022
Wed
旧暦:11月7日 大安 丁 
産業・経済
2016年1月23日(土)9:05

5月から本格稼働へ

新食肉センター建設進む/上野野原


建設が進められている宮古食肉センター=22日、上野野原

建設が進められている宮古食肉センター=22日、上野野原

 牛や豚などの家畜を解体し食肉に加工する施設、宮古食肉センター(池間等志社長)の新築工事が上野野原地区で着々と進んでいる。12月末現在の進ちょく率(建築)は約65%で、1月末には95%に達する予定。このまま順調に進めば今年3月完成、1カ月の試運転を経て5月から本格稼働する。

 建設場所はJAおきなわ宮古家畜市場の東側。鉄骨構造の2階建てで、と畜場は約1431平方㍍、排水処理施設は約64平方㍍。敷地面積は約2799平方㍍となっている。

 と畜室や解体室などを設け、1日当たりの処理能力は牛5頭、豚18頭、ヤギ8頭を予定し、島外出荷も計画されている。

 食肉センターは宮古島市やJAなどが出資する第3セクター。事業費は約10億1000万円で、うち9割は国の補助、1割は市とJAが負担する。

 現施設は1982(昭和57)年に設立されたが、築30年余りが経過。建物や機械設備が老朽化し、安全で安心な食肉供給の観点から新施設の整備が求められていた。

 施工は建築が古波蔵組・大成土建・オーシャンシギラ共同企業体(JV)。機械設備が朝日建設工業・仲地建設工業JV。電気設備が川田電設産業・三光開発JV。構内整備が大悟建設。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!