11/28
2022
Mon
旧暦:11月5日 先負 乙 
政治・行政
2016年1月28日(木)9:03

高床からコンクリ敷設へ/市農水部

高床からコンクリ敷設へ


台風で壊れた遊歩道。現在は足げただけが残っている。近日中にも撤去しもとの遊歩道の上にコンクリートを敷き詰める予定=26日、友利インギャーマリンガーデン

台風で壊れた遊歩道。現在は足げただけが残っている。近日中にも撤去しもとの遊歩道の上にコンクリートを敷き詰める予定=26日、友利インギャーマリンガーデン

 台風で被害を受けた城辺友利のインギャーマリンガーデンの遊歩道について市は、高床式の遊歩道を撤去し、従来の遊歩道の上にコンクリートを敷くだけの工法に見直すことを決定した。工事を担当する市農林水産部の砂川一弘部長は「当初は60㍍の風速にも耐えられるとしていたが、波に対する認識が甘かった」と話した。予算は一括交付金を活用する予定で、国や県と調整がつき次第、工事に着手する方針。工法の見直しについては地元の友利自治会にも説明し、了承を得ているという。

 遊歩道は完成間近だったが、昨年8月7日の台風13号の高波でアルミ製の手すりと床板が壊れた。市は「災害復旧事業に該当するかどうか」、国や県と調整するとともに、設計の見直しを進めていた。

 地元住民からは、事前説明がなかったことや「景観にマッチしていない」など、公共事業の進め方に疑問を呈し「原状に戻してほしい」との声が上がっていた。

 遊歩道改修工事は、インギャーマリンガーデンの一帯工事(1、2、3工区、総事業費1億6700万円)として行われた。

 1工区も同様に被害を受けたが、災害復旧費(市単独)560万円を充てて復旧する。

 ただ、インギャー駐車場から入江に掛かる橋までの区間の遊歩道整備(2工区)は完了していなかったことから、予算上の裏付けに時間が掛かっている。市農水部では、新年度一括交付金で要求しており「国、県と調整中」としている。

 壊れた遊歩道は、ゆるいS字型で延長107㍍、幅1・7㍍、高さ1・2~1・5㍍の橋のような構造だった。市農水部では「同じ工法だと同様な被害を受ける。原地盤にセメントを敷き詰めて凹凸を無くし、平坦な遊歩道にする」と話している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!