07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
社会・全般
2016年2月3日(水)9:01

募金活動で社会貢献/砂川中学校

ユニセフから感謝状届く


ユニセフからの感謝状を受けた砂川中学校生徒会の前役員の皆さん=2日、砂川中学校

ユニセフからの感謝状を受けた砂川中学校生徒会の前役員の皆さん=2日、砂川中学校

 募金活動で社会貢献を続ける砂川中学校(砂川勝昭校長)にこのほど、ユニセフから感謝状が届いた。同校の生徒は昨年、街頭活動などで27万6000円もの募金を集めた。この募金をユニセフと心臓移植が必要な翁長希羽(のあ)ちゃんを救う会に寄付。これらの活動が高く評価された。

 同校の募金活動は毎年行われている。例年は街頭募金活動のみだが、昨年は各家庭での募金や空き瓶回収も実施。この活動に地域住民の多くが賛同し、多額の寄付を寄せている。

 募金の内訳は▽空き瓶回収6万9745円▽地域の寄付5万3905円▽生徒の募金4万7850円▽街頭募金活動10万4874円-。合計27万6374円を二等分してユニセフと希羽ちゃんを救う会に送った。

 2日午後に報告会を開いた生徒会前会長の砂川遼太朗君は「複数の活動は大変だと思ったけど、役員と協力し合ってやり遂げることができた。僕たちの活動に協力してくれた地域の皆さんや市民のおかげです」と感謝を込めて話した。

 同校は、今も年賀状の書き損じハガキを回収する活動を行っている。生徒会の砂川俊作会長は「僕たちが集めたハガキで、少しでも世界中の恵まれない子供たちの役に立てればうれしく思う」と話した。

 砂川校長は「子供たちの自主的な活動が地域の賛同を集めた。この活動は子供たち自身がいろいろなことを考える機会になった」と話し、活動の実践に伴う生徒たちの成長を誇った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!