07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
政治・行政
2016年2月6日(土)9:06

宮古島市 381億円を最終内示/16年度予算案

11%増で過去最大/図書館建設費21億円など要因

 宮古島市は5日、2016年度一般会計当初予算案を最終内示した。総額は過去最大の381億200万円。前年度比37億円(11・0%増)の大幅な伸びを示した。新規事業の未来創造センター(図書館と公民館の複合施設)建設21億9000万円、継続事業のスポーツ観光交流拠点施設11億円、リサイクルセンター建設4億円のいわゆる「ハコモノ」ほか、農山漁村活性化対策整備事業(基盤整備)15億円を計上したことが要因。

 15年度で普通交付税の合併算定替えによる満額算定(合併による特例)が終了し、16年度~20年度までの5年間で段階的に引き下げられる。総額では約30億円が削減される見通しだ。

 16年度は約3億2000万円の減が見込まれており、合併振興基金や庁舎等建設基金から繰り入れて対応する。

 歳入全体に占める市税などの自主財源は64億1700万円(構成比16・8%)。地方交付税などの依存財源は316億8500万円で全体の83・2%を占めた。

 市税は徴収率や個人住民税の伸びなどで前年度比4・4%増加したものの、全体の事業費が増えたため自主財源比率は前年度より1ポイント低くなった。国や県に頼らざるを得ない財政状況がさらに顕著になった。

 歳出の義務的経費は167億4700万円で、構成比は44%と最も大きな割合を占めた。

 このうち、人件費は、前年度比3億8000万円(6・2%)減少したが、扶助費は73億700万円となり、前年度比6億4900万円(9・7%)増加した。

 投資的経費101億5400万円(構成比26・6%)の内訳は▽補助事業費72億1900万円(前年度比11億2700万円増)▽単独事業費26億4100万円(同19億8900万円増)-などとなり、いずれも大幅に増加した。

 新規事業は▽地域産婦人科医療施設整備助成金▽畜産・酪農収益強化整備等特別対策事業(簡易牛舎整備)▽学校給食民間委託(平良調理場)▽沖縄子ども貧困緊急対策費▽保育体制強化事業▽空き家等再生推進事業▽産地水産業強化支援事業-となっている。

 沖縄振興特別推進交付金いわゆる一括交付金(事業費ベース)の宮古島市配分10億円と、特別枠6億円を活用してソフト事業(一般的に市民サービスなど形として残らないもの)、ハード事業(建物など一般的に目に見える事業)を実施する。

 国民健康保険などを含む特別会計は170億2600万円で、一般会計と合わせた総額は551億2800万円となり、前年度に比べ43億8700万円増加した。

 市は新年度当初予算案について、「新市建設計画におけるリーディングプロジェクト及び沖縄振興特別推進事業の推進、市総合計画に沿った街づくりを実施し、市民サービスの質の向上を図ることと位置づけた予算編成を行った」としている。

 新年度当初予算案は、最終調整を経て、庁議で正式に決定し、3月2日開会予定の市議会3月定例会に提案される。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!